ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
大阪府河内長野市役所 > 各課のページ > 議会総務課 > 質問者 桂 聖(議席番号:16)

本文

質問者 桂 聖(議席番号:16)

印刷ページ表示 更新日:2019年12月4日更新
<外部リンク>

(16) 質問者議員 桂   聖

 

件名1 道路や水道など、インフラ施設の維持保全・更新の重要性について。

要旨1 快適な市民生活と災害への備えから、老朽化した水道施設の改修は重要です。本市では2015年度に「河内長野市水道事業ビジョン」が策定され、その後、2019年度から「河内長野市上下水道ビジョン」と改め、中長期的な水道施設の維持管理に努められています。老朽化した水道管の改修は順調ですか。現状と今後の取り組みをお示しください。

要旨2 道路の維持保全、改修工事の現状と今後の取り組みをお示しください。

要旨3 樹木が原因の事故が発生しています。街路樹の根上がりは人身事故を誘発する危険性もあります。早急な対処が必要ですが、現状と今後の方向性をお聞かせください。

件名2 河内長野市の衰退を食い止め、発展していくために必要な政策を。

要旨1 令和3年4月に河内長野駅東側の保健センターと休日急病診療所の移転が計画されています。跡地の利活用は本市の将来像を左右する重要課題です。市民の利便性、本市の歳入増と経済発展、将来性などを考えて慎重かつ大胆に行うべきです。考えと今後の計画をお示しください。

要旨2 国道310号、菊水町交差点と諸越橋間の歩道の設置や段差解消などの歩行者安全対策を行ってください。

要旨3 駅前の本町に来年の秋には完成が予定されている約70戸のマンションが建設中で、既に分譲完売したようです。周辺の商店街や古い町並みとアンバランスな光景が目に浮かびます。「河内長野市都市計画マスタープラン」に沿って、「歩いて暮らせるまちづくり」を目指すための今後の方針をお聞かせください。

要旨4 車両と歩行者の増加が予想されます。駅前の都市計画道路(シンボルロード)の進みぐあいと今後の展望をお答えください。