ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
大阪府河内長野市役所 > 各課のページ > 議会総務課 > 質問者 原 歴史(議席番号:1)

本文

質問者 原 歴史(議席番号:1)

印刷ページ表示 更新日:2018年10月11日更新
<外部リンク>

(5) 質問者議員 原  歴 史

 

件名1 市の窓口業務の民間委託について。

要旨1 2020年2月より段階的に市の窓口業務を民間委託することが報告されました。その理由として住民サービスの向上が挙げられていますが、現状ではどのような問題点があり、それをどのように改善しようとしているのかをお聞きします。

要旨2 市が担っている窓口業務は、住民の生活に関わる重要な個人情報が含まれます。民間委託によって、個人情報保護が低下するおそれや、偽装請負などの法令違反が起こる可能性が指摘されますが、その対策についてお聞きします。

要旨3 現在、市の直接雇用で窓口業務を行っているアルバイトや嘱託職員について、民間委託後に継続雇用される保障はありますか。

要旨4 今後、審査や交付決定などの公権力の行使を含む窓口業務を外部委託する方針はありますか。

 

件名2 非正規公務員の待遇改善を。

要旨1 当市職員の非正規率はどの程度ですか。また大阪府下の他自治体と比較して、その比率は何番目ですか。

要旨2 2020年4月より自治体非正規労働者に会計年度任用職員制度が導入されますが、市はこの制度の趣旨をどのように理解されていますか。

要旨3 会計年度任用職員の待遇について。

(1) 当市は会計年度任用職員をフルタイムで任用しない旨、通知されていますが、その理由をお聞きします。

(2) 近隣他市でフルタイム会計年度任用職員を任用しない自治体はどの程度ありますか。

(3) 任用の更新に当たり人事評価を行うとされていますが、具体的にどのような評価基準を想定されていますか。

要旨4 会計年度任用職員制度への移行に当たり、必要となる予算は増加しますか。また、その財源を確保するための国からの交付税措置はありますか。