ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
大阪府河内長野市役所 > 各課のページ > 議会総務課 > 令和2年3月定例会の一般質問

本文

令和2年3月定例会の一般質問

印刷ページ表示 更新日:2020年3月3日更新
<外部リンク>

令和2年3月10日(火曜日)午前10時~代表質問

令和2年3月11日(水曜日)午前10時~個人質問

令和2年3月河内長野市議会定例会質問通告書

(1) 会派代表 大阪維新の会  質問者議員 浦 尾 雅 文

件名1 河内長野駅東側の休日急病診療所並びに保健センター移転にともなう跡地について。

要旨1 令和元年8月の全員協議会にて報告された本年3月にパートナー事業者を選定する方針について。

 

件名2 新型コロナウイルス感染症に対する対応について。

 要旨1 保育園、認定こども園、幼稚園、放課後児童会に対するマスク、消毒用アルコール等の供給体制の強化について。

 要旨2 休校における児童への対応並びに体制について。

 

件名3 行財政運営について。

 要旨1 財政運営基本条例に対する考え方について。

 

件名4 新たなまちづくり手法について。

 要旨1 シェアリングエコノミーの導入について。

 要旨2 リノベーションの導入について。

 

件名5 人口減少、過疎地対策と成長戦略について。

 要旨1 交通不便地域の解消について。

 要旨2 新たな産業の創出並びにノバティながの平面駐車場の活用について。

 

 

(2) 会派代表 日本共産党  質問者議員 宮 本  哲

件名1 施政方針と市長の政治姿勢について。

要旨1 先行きが不透明と言いつつも、緩やかな回復が期待されると分析されているが情勢判断が甘いのでは。消費税10%は日本の景気を大きく後退させ、個人消費を落ち込ませています。さらにコロナ問題が直撃します。市内中小業者の状況は。市として支援できることはないか。また、福祉施策に充てると定められている消費税充当分の金額と具体的な使途をお聞きします。

要旨2 地方再生への道は、大型開発依存、カジノ誘致ではなく、地域の力を生かす産業振興や地域の活性化を図ることが必要です。世界では、国連総会が採択した「持続可能な開発目標(SDGs)」を合言葉に積極的な取り組みが呼びかけられています。日本共産党は、大阪府・市の維新の会が万博、IRの名のもと、進めようとしている北大阪急行延伸、なにわ筋線、おおさか東線、大阪モノレール延伸、中之島線延伸、大阪メトロ夢洲タワービル構想、新大学構想の名で森ノ宮再開発の民間複合施設構想などの大型開発は見直し、地域の力を生かす産業振興や地域の活性化を図ることを訴えています。我が党は住民不在・住民犠牲の浪費と対決し、東京一極集中と同じ手法ではなく、地域経済を支える住民の消費、地域の産業、中小企業の活動を応援する政策への転換を訴えます。SDGsの推進を第5次総合計画後期基本計画に取り入れると言われていますが具体的な考えはあるのでしょうか。

要旨3 市民の声を反映させる姿勢はさらにすすめよ。河内長野駅東側の保健センター跡地利用について、会派、大阪維新の会から「保健センター等整備事業の議論の際、跡地売却の方針が議会でも了承された。」かのような発言があったが、そのような事実はあるのか。保健センターの跡地利用はまさにこれからの課題。市民や関係者等意見を聞いて進めていくのが当然だと思うが、何かすでに決まっているのか。

要旨4 市産業振興推進検討委員会からの提言に関わって。

(1) 赤峰グラウンドの産業用地化への検討提言があった。実現には様々な課題や問題を含んでいる。市民や関係団体の声を聞きながら極めて慎重に進めていかなければならない案件です。その認識はありますか。

(2) 産業振興への取り組みは事業所訪問を継続的に取り組むなど、地道に発展させてきていると評価します。しかし、産業振興推進検討委員会からの提言は一定の危機感を持って市政に対し期待が示されています。その中で、施政方針における産業振興への取り組みは少し弱いように感じます。さらに強いメッセージが必要ではないか。具体的な実行案を示してください。

(3) 維新の会の政治方針で長野北高校がつぶされる。次は近隣では懐風館高校がターゲットになっている。高校つぶしは地域の事業者が高校に求人し、行ってきた地域雇用を妨げ、地域経済に損失を与えている。高校つぶしから地域雇用を守るため、市内の中学生が高校3年生になった時に地域の求人情報を発信するための登録制度を構築してはどうか。

 

件名2 新型コロナウイルス対策とその対応について。

要旨1 科学的根拠や具体的な財政支援の中身が示されないままの突然の国からの要請に、自治体・現場は混乱し、その対応に苦慮されていると思われます。関係者のみなさんには心から敬意を表します。

日本共産党大阪府議団は2月28日、新型コロナウイルス関連肺炎対策の抜本的強化を求める緊急申し入れ(第二次)として1、検査態勢の強化 2、医療体制、感染予防の強化 3、相談体制、情報提供の強化 4、中小企業、雇用対策の強化 5、学校休校への対応 6、補正予算の編成と国に対して財政措置の抜本的な拡充を求めることなどの項目で府知事宛に提出しました。市としての対応には限界もあると思いますが、国、府との連携を強め、できる限りの対応を求めるものです。また、大人が混乱しても子どもにその混乱を押しつけてはなりません。そのためにも財政的措置を具体化する必要があります。我々もそのために国、府に対し、党をあげて訴えます。自治体としても声をあげてください。

要旨2 学校休校対応について。

学校休校への対応で、せめて3月3日からの休校にできなかったのか、24日までの連続休みで良かったのかなど、疑問が残ります。学校の休校措置を決定するのは、学校の設置者である教育委員会、あるいは、校長だと認識しています。「国からの要請に対し、当市の状況も加味しながら現場の混乱を最小限度におさえる方法を選択すべきではなかったか」との意見もあります。今後の教訓とすべきではないか。

要旨3 学童に通わせていないが昼間の時間帯にパートやアルバイトをしている家庭ではどのような対応が求められるのかなど、3月2日時点ではまだまだ課題を残したままの休校となりました。その後の対応をお聞かせください。

要旨4 中小零細企業や事業所(法人)への支援はどのようになるのか。

要旨5 医療・介護・移送に関わる現場や学童保育などリスクの高まる現場でのマスクや消毒液などの備品は十分な供給体制があるのか。

要旨6 平成26年作成の河内長野市新型インフルエンザ等対策行動計画はどう生かされていますか。

 

件名3 教育環境の整備を。

要旨1 トイレの洋式化など改修は引き続き計画性を持って進めよ。学校に限らないがグラウンド側の男子トイレは外からよく見える箇所がある。随時改修を。

要旨2 小中学校の給食代が無料化されることが現実的になってきている今、中学校全員給食の実施は、考える余地のないことです。食育、子育て環境の向上につながるよう調査研究を急いでください。

要旨3 GIGAスクール構想に関して。

(1) 一人一台のタブレット端末等の整備は大きな流れの中では必要だと思います。しかし今回、国の予算付けはタブレットが先にありきの動きに見えて仕方がありません。その端末を使った授業ができる環境がこの一年で整うのでしょうか。(教員の力量、ソフトの課題、ハードの更新問題など)今の時点で考えられる導入実用化に至る流れを教えてください。

(2) 少人数学級へさらなる拡充を。

河内長野の児童・生徒の英会話や英語の実力が向上することは大いに賛成します。そこに思い入れを持って力を投入しようとする市長の意気込みも否定するものではありません。しかし、河内長野は英会話や英語力の優れた一部の児童や生徒を育てようとしているのですか、それともすべての子たちのレベルを上げようとしているのですか。英検2級の受験に税金を投入するのは1割のレベルを上げることに関心があるからの現れではないですか。子どもたちの教育レベルの向上はみんなの願いです。それは一人一人の子どもがどれだけ学び成長できたかです。英語も含めすべての教科に求められるものです。そのためには教員を増やし、少人数学級の拡充こそ急がれます。児童生徒が減ってきているときだからこそ可能です。結果的にはそのことが、英語教育のレベルアップも、タブレットを使った教育にも力を発揮できることになるのではないですか。すべての子どもたちに「どの子も伸びる」「どの子も伸ばす」その環境整備にこそ税金を投入してください。

(3) 昨年末、公立学校の教員を1年単位の変形労働時間制で働かせることを可能にする法律(改正教職員給与特別措置法)を昨年12月の臨時国会で強行しました。当市においては問題の多い同制度を取り込まないよう強く求めます。

 

件名4 市民の暮らしをまもり、将来への安心と産業振興政策への取り組み強化を。

 来年度予算案では、運転免許証の自主返納支援、避難所施設の環境改善への取り組み、受動喫煙対策、ふれあい収集の拡充、マイホームの取得補助制度の拡充、オープンカンパニー事業の実施、保育定員の拡充等々一定の前進が見られ、評価するところです。

要旨1 公共交通の整備やルートが少ない地域における交通手段の拡充は急がれます。南花台における実証実験の結果はまだ時間がかかると思われますが、地域の様々な環境に応じた方法で取り組みは始まりつつあります。しかし大きな広がりにもなり得ていません。課題はどこにありますか。また、市としては住民自治を基本に公共交通の拡充に向け、情報、技術面、財政面での支援を積極的に進めてください。

要旨2 市南部方面から上原、高向方面へのルートは同地区の経済効果も考えると必要なバス路線です。できない理由を並べるのではなく、できるために何が必要かを検討すべきです。

要旨3 くろまろの郷は「道の駅」効果と事業者の様々な取り組み効果もあり賑わいを見せている。集客状況や今後の方向性について伺います。

(1) 道の駅登録後、ビジターセンター、レストラン、直売所の集客(売り上げ)状況と、さらに持続し、高めるための次の手は。BBQ、ビジターセンター内のレイアウト、レストラン前広場の改修など計画性を持って進めよ。

(2) 指定管理者制度含め今年は今後のあり方を検証する年度。より活性化できる方法を。

要旨4 現状1年間で河内長野市に転入する世帯は何件か。今後の窓口アンケートに留まらず、ここ数年に河内長野に引っ越してきた方のアンケートをとってはどうか。不動産会社、ハウスメーカーなどと、空き家対策の観点ではなく積極的な市のPRをする機会をつくるべきではないか。

 

件名5 介護給付等適正化事業の「ケアプランの点検」について。

要旨1 現在、年間何件程度のチェックが行われていますか。

要旨2 どのような流れの中で実施され、修正されるケースはどの程度になっていますか。

要旨3 介護プランの「適正化」という名のもとで、介護サービス剥がしにつながっていませんか。

 

件名6 市営斎場において、直葬でおこなう安価な葬儀の要望には、市もしくは斎場(指定管理者)で相談窓口を設けてはどうか。

 

 

(3) 会派代表 公明党  質問者議員 三 島 克 則

件名1 令和2年度の施政方針の主要な施策について。

要旨1 保健センター跡地の活用について、市民の声を聴き河内長野駅周辺の活性化につながる有効な活用方法を検討としているが、どういった視点で声を聴こうとしているのか。

要旨2 受動喫煙や路上喫煙によるたばこのポイ捨てを防止するため、本市主要3駅(河内長野駅・千代田駅・三日市町駅)周辺の喫煙対策を推進していくと掲げているが、具体的にどのような対策を図っていくのか。

要旨3 「中世に出逢えるまち~千年にわたり護られてきた中世文化遺産の宝庫~」が昨年日本遺産に認定された中で、次なる日本遺産「女人高野」の認定をめざして関連する3市町と連携を図られ観光振興と地域の活性化につなげようとしている。昨年認定された日本遺産をどのように活かし展開を図ろうとするのかまず聞くとともに、次なる日本遺産認定をめざしている女人高野はどのような取り組みをするのか。

要旨4 スポーツツーリズムの要素を取り入れた河内長野シティマラソン大会とあるが、具体的にどのような大会となるのか。

要旨5 産業振興として市内事業者の事業規模拡大や市外事業者転入を見据えた産業用地の整備に向けた検討を進めるとあるが、候補用地を含めた事業計画を問う。

要旨6 本市主要3駅(河内長野駅・千代田駅・三日市町駅)周辺の活性化の検討をするとあるが、どのように思い描き、具体化するのか。

要旨7 未利用の市有財産の売却や貸し付け、ふるさと納税の拡充などは、スピード感をもって具体化し実現していかなければならない。取り組みを問う。

 

件名2 災害等に強いまちづくりを構築するために。

 要旨1 近年、大規模な震災、風水害、そして新型コロナウイルスによる感染症など、想定を超える災害等が発生している。これらの大規模な災害等に対して、現場の正確な情報を関係者が共有し、的確な判断のもとで適切に対応することが重要である。地域住民の生命を守る災害発生時等の情報共有について、意見を問う。

 要旨2 今年1月26日に市民向けに消防本部で上級救命講習が開催された。日常や今後起こりうる大規模災害により、救命が必要な方に対して適切に処置できる技能を有する方の確保が必要であり急務と考える。今後における市民向けの救命講習の拡充は。

 

件名3 子育てにやさしいまちを実現するために。

 要旨1 昨年10月より幼保無償化が開始した。年度途中に起こる待機児童解消のため、保育士の維持確保は必須であると考える。意見を問う。

 要旨2 子どもたちが元気に走り回り、ボール遊び等ができる場所について問う。

 

件名4 まちの活性化を呼び込むために。

 要旨1 市長が考える人口減少歯止め策とは何か。

 要旨2 担い手の高齢化や継承ができず減少が進む農業分野と、障がいがある方や高齢者の働く場の確保を求めている福祉分野の連携が注目され、全国各地で農福連携事業が開始している。地域の中で人と人がつながり、まちが元気になっていく事例も数多く聞く。農福連携事業について、意見を問う。

 要旨3 高齢化による移送支援が急務となる中、昨年12月に実証運行を開始した「南花台モビリティ クルクル」は画期的なことである。今後の本市全域にわたる高齢者等の移送支援の意見を問う。

 要旨4 全国的にも課題である空き家対策は、本市においても重要課題だと考える。活用も含めた空き家対策について、意見を問う。

 要旨5 道の駅「奥河内くろまろの郷」の重点道の駅登録を目指そうと施策展開を図られようとしているが、あわせてリピーター獲得策の取り組みを実施し、本市における観光施策の充実を図るべきと考える。意見を問う。

 

件名5 健康寿命延伸モデル都市の実現のために。

 要旨1 がんに対する正しい知識を得るために小中学校におけるがん教育の充実は。

 要旨2 大阪府の健康サポートアプリ「おおさか健活マイレージ アスマイル」の利用促進で、本市の特定健診・がん検診受診率向上を図れ。

 要旨3 グリーフケア体制の構築の加速度を上げよ。

 要旨4 医療用ウイッグのためにヘアドネーション(髪の毛の寄付)をしていただいた方へ本市からの気持ちをカタチに。

 

件名6 子育て世代を呼び込む重要施策と考えるのが教育である。教育立市を掲げる本市として、学び、育み、学校力、地域力、人間力など日本一の教育のまちを実現するために、今再びの思いで知恵と英知と行動力をもってなさねばならない。意見を問う。

 

件名7 市長就任1期目最終年度にあたって。

要旨1 思い描く本市のビジョンはいかに。

 

 

(4) 会派代表 自民党  質問者議員 奥 村  亮

件名1 本市危機管理の現状を聞く。

 要旨1 今回の新型コロナウイルス感染症拡大から見えた災害時の本市の対策の脆弱な部分は。

 要旨2 新型コロナウイルス感染症に対する国が行う事業者支援策において、本市のできるサポートは。

 要旨3 国土強靭化計画策定への取り組みは。

 

件名2 施政方針について。

要旨1 「6つの柱を中心に、スピード感を持ってまちづくりを進める」と書かれているが、6つの柱について現時点でどのような成果があったと考えているのか。また、スピード感は適当か。

要旨2 「施策の選択と集中を図りながら」と記載されているが、市長が施策の中で選択と集中をされた部分はどこか。具体的な施策はなにか。

要旨3 施政方針の中で市長の思いが強く、河内長野市の将来発展の種となる施策はなにか。

 

件名3 教育立市宣言都市としてIT教育にどう取り組むのか。

 要旨1 GIGAスクール構想に対して河内長野市ではどのように取り組むのか。

 要旨2 これまでの本市のIT分野での整備との整合性は。

(1) 今後どのような活用ができるのか。

(2) 期待される効果は。

要旨3 ソフト面(教員のサポートなど)が重要と考えるが、その取り組みはいかに。

 

(1) 質問者議員 道 端 俊 彦

件名1 持続可能なまちづくりのための行財政・市政運営について問う。

要旨1 2020年度(令和2年度)当初予算案について伺う。

(1) 当初予算編成における重点施策について。

(2) 当初予算案による財政見通し(経常収支比率等)について。

(3) 現在の財政状況と当初予算案の整合性は。

(4) 新型コロナウイルスによる影響について。

要旨2 施政方針にある河内長野駅、千代田駅、三日市町駅周辺の活性化について伺う。

(1) 休日急病診療所跡地活用について。

(2) 河内長野駅周辺商業施設活性化及びノバティながの平面駐車場について。

(3) 具体的な河内長野駅、千代田駅、三日市町駅周辺の活性化の施策について。

要旨3 市民に伝わりやすい情報発信、伝達について伺う。

(1) 地域まちづくり協議会広報の配布について。

(2) 自治会・地域まちづくり協議会との情報連絡・情報共有について。

 

件名2 河内長野の再生と地域課題の解決について問う。

要旨1 南花台地区モビリティサービスの社会実装の取り組み等について伺う。

(1) 現状と課題について。

(2) 南花台コノミヤ2階ふれあいテラス運営について。

要旨2 新型コロナウイルス感染症対策について伺う。

(1) 市内事業所・中小企業の経営支援(資金繰り、雇用の確保等)について。

(2) 市内各種行事・イベントの中止による影響について。

(3) 河内長野市地域防災計画及び一定規模の市中感染や小規模患者クラスターが市内で発生した場合の行動計画について。

(4) 学校・医療機関・公共施設・消防等の備蓄品(マスク、アルコール消毒液など)・危機管理について。

(5) 基金の債券運用への影響について。

(6) 小学校での午前中のお預かりの対応について。

(7) 市職員(教職員、保育士等を含む)の勤務について。

(8) 新型コロナウイルスによる介護施設(特別養護老人ホーム・介護老人保健施設・介護療養型施設)等の対応について。

(9) 市民からのご相談体制及び国・大阪府との連携について。

 

 

(2) 質問者議員 駄場中 大 介

件名1 環境行政について。

要旨1 市民がごみ出しをしやすいように。                                                                                                                                                                                                                                   

(1) ふれあい収集の粗大ごみ・燃えないごみへの拡大は喜ばしいことです。今年度から、ふれあい収集に対して特別交付金が措置率50%で出るようになります。その金額をお聞きします。

(2) ごみステーションに、他の町会の住民や不法投棄者がごみを投棄することへの防止策と、発生した場合の対応を周知してください。

(3) ごみシール制を廃止してはどうか。シールの印刷・郵送費と、家庭用シールの追加販売収入との差額はいくらか。廃止することで市の財政負担は減るのではないか。

(4) 戸別収集の実施を。今回ごみ処理基本計画策定に際して、戸別収集についてのアンケートも行われると思うが、前回の計画策定時のアンケートは、戸別収集を選択しづらくなっていた。もちろん市の負担は増えるがそのことも含めて、正確なことが回答者に伝わり、市民の意見が正確に聞けるようなアンケートを実施してください。

要旨2 クビアカツヤカミキリの対策を急いでください。

(1) 農業・公共それぞれの被害状況を聞く。

(2) 新年度で対策費が組まれているが、それぞれの予定している内容は。

 

件名2 中学校全員給食を一日も早く実施を。

要旨1 施政方針で市長は中学校全員給食は重要課題であるとし、後援団体のチラシの中では5年以内に全校で全員給食を導入したいとしています。情勢は大きく変化し、機は熟したのではないか。

要旨2 給食センターの大規模改修が迫る小学校給食と新規中学校全員給食は、これを機に自校調理方式に。新年度で調査を行うとのことだが、調査結果をもとに「あり方委員会」の開催を。

要旨3 中学校教員の不安を取り除く対策を。配膳指導やアレルギーのショック症状、給食費の滞納対応など教員に不安がある。子どもたちは6年間給食を食べてきたことも踏まえて対応をお願いします。

 

件名3 大阪の中心部では次々と大型開発、大型道路整備が予定されているが、外環状線・上原町交差点の立体交差化の見通しを聞く。

 

 

(3) 質問者議員 土 井  昭

件名1 令和2年度の施政方針について。

要旨1 スマートライフ施策について。

(1) 災害発生時の避難所施設の環境整備について問う。

(2) 保健センター跡地の活用について問う。

(3) 受動喫煙や路上での喫煙によるたばこのポイ捨て対策について問う。

要旨2 スマートツーリズム施策について。

(1) 産業振興のためのオープンカンパニー事業の具体的な取り組みについて問う。

(2) 小山田地区及び上原・高向地区におけるまちづくりの進みぐあいについて問う。

要旨3 スマートガバメント施策について。

(1) アウトソーシングの現状と今後の方向性について問う。

(2) ふるさと納税の今後の取り組みについて問う。

 

件名2 本市の新型コロナウイルス感染症に関する今後の対応について。

要旨1 学校園等の臨時休校期間中、仕事を休めない保護者や休職する保護者への対応策について問う。

要旨2 あらゆる業界の経済活動に影響を及ぼしているが、本市の中小企業等への支援策について問う。

 

 

(4) 質問者議員 堀 川 和 彦

件名1 以下の事業について予算措置されているのか、事業計画はどうなっているのか。

 要旨1 道路舗装や、上下水道管の更新が予算の関係で計画通り進まず先送りされている。災害時に被害を増大させる原因と考えられるが、市民の生命財産を守る趣旨から起債してでも計画通り実施すべきではないか。

 要旨2 昨年度64回を誇った市民(シティ)マラソンを中止したが、令和2年度の計画はどうなっているのか。

 要旨3 高齢者の運転免許証返納を促すための施策を実施するよう、昨年6月議会で質問したが、令和2年度予算書に反映されている。具体的にどのような内容になっているのか。

 

件名2 昨年11月に産業振興推進検討委員会から、赤峰市民広場を産業用地にするべしと提言を受けたが、その後庁内でどのような検討がなされ、どのような結論になっているのか。

 

件名3 府パートナーシップ宣誓証明制度が開始され、本市にある府営住宅に入居可能になったが、市営住宅に入居することについての取り扱いはどうするのか。市営住宅に入居を認めるなら、本市独自のパートナーシップ宣誓証明書を発行して手続きをしていただくべきではないか。

 

 

(5) 質問者議員 仲 川  学

件名1 消防職員と消防団の待遇について。

要旨1 広域化による消防職員と市内の消防団の待遇について。

(1) 消防職員の待遇について、9月議会以降からどのように検討されたのか。

(2) 市内の消防団員への待遇に影響はないのか。

 

件名2 市内を流れる河川等の水害対策は万全か。

要旨1 市内のため池は雨水貯留機能として問題ないのか。現地調査して、必要な場合は雨水貯留施設の強化を。

要旨2 市が管理する河川の計画的な河道掘削や堤防強化の実施は予定しているのか。

要旨3 府が管理する市内流域の河川についても、市から河道掘削や堤防強化等を強く要望せよ。

 

件名3 今年4月から施行の「改正健康増進法」によるたばこの受動喫煙規制の強化について。

要旨1 現在営業している事業所は今年4月から原則禁煙となるが、市内業者への周知徹底はどの程度まで行っているのか。

要旨2 市内の飲食店、工場、オフィスなどが規制対象となるが、当市として市内業者へ喫煙施設等の設置の補助の検討を早急に。

要旨3 市内の主要3駅での禁煙区域の設定と分煙施設など受動喫煙対策の具体的内容は。

要旨4 喫煙施設の設置など庁内の対応は。

 

 

(6) 質問者議員 原  歴 史

件名1 国民健康保険制度について。

要旨1 令和2年度の国保保険料について、市内平均でどの程度になりますか。また、府内統一保険料となった平成30年度分と比較して、どの程度値上がりしますか。

要旨2 国民健康保険料の値上げ抑制について。

(1) 国保会計の貯金は直近でどの程度貯まっていますか。

(2) 市独自の激変緩和措置として、令和2年度はどの程度国保の貯金を繰り入れますか。また、激変緩和措置後の平均保険料はどの程度ですか。

(3) 国保の貯金を繰り入れることによる、国や府の交付金減額措置はありますか。

要旨3 当市と大阪府の一人当たりの年間医療費はどの程度ですか。また、全国の都道府県と比較して何番目ですか。

要旨4 特定健康診査について。

(1) 当市の特定健診受診率はどの程度ですか。

(2) 大阪府のアスマイル事業への登録者はどの程度ですか。また、専用歩数 計を購入した登録者はどの程度ですか。

(3) 健診検査項目のさらなる追加は検討されていますか。

要旨5 子どもに課せられる均等割は、子育て支援として廃止すべきではないですか。

要旨6 来年度は大阪府の国保運営方針の見直しがあります。河内長野市として、保険料の高騰を招く国保府内統一化を止めるよう意見を挙げてください。

 

件名2 市民が安心できる医療体制の確保を。

要旨1 大阪府新型インフルエンザ等対策行動計画では、公立・公的病院にも役割分担が示されています。地域医療については、感染症や災害対策なども考慮した医療提供体制を構築するよう、国・府に求めてください。

 

 

(7) 質問者議員 山 本 一 男

件名1 住みよい(安全・安心含む)まちづくりについて。

要旨1 令和2年度予算(案)について。

   (1) 基本的な考え方について。

   (2) 包括予算の是非について。

   (3) 観光事業の進め方について。

要旨2 新型コロナウイルス感染症対策について。

要旨3 体育館等の駐車場有料化後のチェック・アクションについて。

 

件名2 人材育成の現状と今後の対策について。

 

 

(8) 質問者議員 桂   聖

件名1 公共施設の市民サービスを最適かつ持続可能なものとするために。

要旨1 小学校と公民館の複合化を検討していくべきだと思います。8公民館を最大13に増やせる可能性があり、現公民館跡地活用と集約で、歳入増と経費削減が可能です。いかがですか。

要旨2 道路、上下水道、学校、その他公共施設の良質な存続のために、コンパクトシティ化を進めるべきです。考えをお聞かせください。

件名2 安心安全の確保のために。

要旨1 避難所にマンホールトイレの整備を進められようとしています。災害時にはぜひ必要と思われ、急ぐ必要性を感じます。今後の取り組みをお聞かせください。

 

件名3 河内長野駅東側の開発を迅速に。

要旨1 来年の3月いっぱいで、保健センターと休日急病診療所がフォレスト三日市の乳幼児健診センターとともに、大阪南医療センターの敷地内に移転します。跡地活用についての進みぐあいと今後の計画をお示しください。

要旨2 国道310号、菊水町交差点と諸越橋間の歩道の設置や段差解消などの歩行者安全対策と、保健センターと休日急病診療所跡地活用のためには進入路の改良が必要だと思います。考えをお聞かせください。

要旨3 どのようなまちづくりをお考えですか。

 

 

(9) 質問者議員 工 藤 敬 子

件名1 河内長野シティマラソン開催について。

要旨1 毎回市外からも多数のランナーの方々にご参加いただける「河内長野シティマラソン」は、過去64回にわたり行われ、本市の交流人口に大きく貢献できるイベントです。「河内長野シティマラソン」の今後の開催予定についてお尋ねします。

要旨2 市の財政状況を考慮し、財政負担軽減の施策についてお尋ねします。

(1) 前回大会に協賛いただきました企業は何社ありましたでしょうか。

(2) 前回大会で協賛いただいた協賛金は合計で幾らありましたでしょうか。

(3) 財政負担軽減のためクラウドファンディング等の活用はお考えでしょうか。

 

件名2 住民サービスの向上に向けて。

要旨1 支払方法の多様化による住民サービス向上及び市役所窓口での金銭授受業務の軽減に向け、他市で利用実績のあるキャッシュレス決済を導入してはどうかと考えるが市の意見をお尋ねします。

(1) 市役所窓口でのキャッシュレス決済を導入してはどうか。

(2) インターネットで市税等の支払ができるサービスを利用してはどうか。

 

件名3 新型コロナウイルスの対応について。

要旨1 新型コロナウイルスはまだ有効な治療薬がなく、特に高齢者や基礎疾患をお持ちの方においては重篤化しやすい可能性があるため、市の対応についてお尋ねします。

(1) 休校となった小中学校の児童・生徒への対応についてお尋ねします。

(2) 高齢者施設の安全確保に向けた方策についてお尋ねします。

(3) 市役所で勤務していただいている方々を守る感染防止対策についてお尋ねします。

 

 

(10) 質問者議員 中 村 貴 子

件名1 新型コロナウイルス感染症対策について。

要旨1 国の要請を受け、本市においても新型コロナウイルス感染症への対応方針が種々決定された。また、このたび新型コロナウイルス感染症の感染リスクを下げるために、国は風邪症状がない高齢者や基礎疾患を有する方々に対し、継続的な医療・投薬等については「電話による診療等により処方箋を発行する」など極力、医療機関を受診しなくてもよい体制を構築すると決定したが本市の状況と市民への周知方法を問う。

要旨2 現時点において、中小企業等への影響はどの程度把握しているか。また打撃を受けた中小企業への国の緊急対策として、中小企業緊急貸付・保証枠が創設されたが、周知等はどのように行っているか。

 

件名2 人口減少対策について。

要旨1 「親子近居同居促進マイホーム取得補助制度」の拡充が決定された。制度の内容とそのねらいは。

 

件名3 高齢ドライバーの免許返納後の移動手段の確保について。

 要旨1 75歳以上の高齢ドライバーの免許返納者数と、このたびスタートする高齢ドライバーへの免許返納後の支援策の内容は。

 要旨2 中山間地を抱え、高齢化が加速する本市にとって、公共交通の空白地域等での住民の負担は大きい。市としての今後の展望を問う。

 

 

(11) 質問者議員 大 原 一 郎

件名1 河内長野市公民連携デスクの新たな展開を。

要旨1 公民連携デスクの枠組みで次々と新たな事業展開が始まっていることは大いに評価したいが、民間事業者からの連携提案待ち受け型の事業実績のみで、市の課題解決に向けて民間事業者との連携を探る連携提案募集型の実績が皆無である。今後は広く市の課題解決のために連携相手を見出す連携提案型に力を注ぐべきだと思うが当局の考えを問う。

要旨2 この仕組みを活用して農福連携事業等の展開を図ることを提案したいがいかがか。

 

件名2 新学習指導要領の情報教育・ICT活用教育について。

要旨1 GIGAスクール構想に手を挙げて生徒1人一台の端末を実現するための学校のネット環境整備費を予算化し、3月補正を組んだことは評価される。ただし、今後5年をかけて小中全生徒へのパソコン端末が配備される一方で、教員の負担が大きくなることが予想される。必然的にICT活用能力の向上が求められる教員の負担軽減策を問う。

要旨2 プログラミング教育は2020年度から小学校、2021年度から中学校で必須科目になることが決まっている。本市の対応策を問う。

要旨3 本市の情報教育・ICT活用基盤の底上げに同分野で多くの実績と経験があるメディアセンターを効率よく活用する工夫が大事だと思うが当局の考えを問う。

 

件名3 外国人受入拡大に対応した日本語教育の充実について。

要旨1 外国人児童生徒等への教育の充実策はあるか。

要旨2 国は地域日本語教育の総合的な体制づくり推進事業を進めているが、本市の取り組みはいかに。

 

 

(12) 質問者議員 丹 羽  実

件名1 大災害時の対応と備えについて。

要旨1 避難所の職員配置では非正規職員(会計年度任用職員)も含めて検討すべきでは。

(1) 職員配置計画は再検討しましたか。

(2) 給与も出る法的手続きも検討してはどうか。

要旨2 水道給水停止時の耐震性防火水槽の火災消火以外の使い道を検討していますか。

要旨3 がけ地近接等危険住宅移転事業補助制度のスタートにあたり促進計画などは。

要旨4 大地震に備えて住宅耐震診断、耐震改修工事の普及状況はどうなっていますか。

 

件名2 新年度予算にかかわる労働環境改善と人口問題について。

要旨1 会計年度任用職員制度が4月からスタートするにあたり、あらためて官製ワーキングプアに繋がるものになっているのではないか。

(1) 国が約束していた予算措置額はいくらか。その見通しは。

(2) 毎月の給与は下がることはあっても賞与分が足されるので年間では増額になると言っていたが、そのようになるのか。

要旨2 住宅環境充実の親子近居同居促進マイホーム取得補助制度の補助金使用を市内に限る条件追加についての進捗は。

 

件名3 道路基盤整備について。

要旨1 市道三日市高向線、通称よしや峠の道路拡幅工事の現在の進捗は。

要旨2 高齢化が進む中、市道での転倒事故などが起こらないよう再舗装維持管理計画を見直してはどうか。

 

 

 


みなさまの声を聞かせてください

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?