ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
大阪府河内長野市役所 > 各課のページ > 議会総務課 > 令和元年6月定例会の一般質問

本文

令和元年6月定例会の一般質問

印刷ページ表示 更新日:2018年12月18日更新
<外部リンク>

令和元年6月12日(水曜日)午前10時~個人質問

令和元年6月13日(木曜日)午前10時~個人質問

令和元年6月河内長野市議会定例会質問通告書

個人質問

(1) 質問者議員 浦 尾 雅 文

件名1 予算編成について。

要旨1 令和2年度予算編成における包括予算制度のあり方について。

件名2 千代田駅前鳴尾線について。

要旨1 残区間にかかる総費用について。

要旨2 整備見通しについて。

 

(2) 質問者議員 大 原 一 郎

件名1 食品ロス削減推進法成立を受け、食べられる食材の廃棄ではなく活用を図れ。

要旨1 くろまろの郷JA大阪南農産物直売所等の売れ残り野菜や、市域コンビニ等で発生する賞味期限切れ食材を活用できる仕組みを構築すべきと考えるが、当局の考えを問う。

要旨2 子ども食堂や地区福祉委員会等の配食サービスなど、食材を必要とする福祉団体等に提供できる仕組みづくりを提案するが市の考えを問う。

件名2 本市が掲げる教育立市宣言を虚妄にしない取り組みを。

要旨1 本市が注目を集めているICT遠隔交流授業に対する市教育委員会の今後の方針を問う。

要旨2 独立行政法人国際協力機構関西センター(JICA関西)との連携協力に関する市の方針を問う。

件名3 日本遺産認定を追い風に鉄道主要駅前の環境整備を図れ。

要旨1 受動喫煙防止対策の徹底を図れ。

要旨2 ポイ捨て防止等、駅前美化に取り組め。

 

(3) 質問者議員 桂 聖

件名1 台風シーズンを迎えます。被害を未然に防ぐ対策強化を。

要旨1 台風や大雨、災害を最小に防ぐ啓発活動と予防策を行ってください。

件名2 交通安全対策を。

要旨1 歩行者の安全確保のために市内の危険場所の検証を急いでください。

要旨2 危険箇所に予防のための取り組みを進めてください。

要旨3 菊水町交差点と諸越橋間の歩道設置など、歩行者安全対策に力を入れてください。

件名3 河内長野市の発展に向けた取り組み強化を。

要旨1 令和元年 5月20日、日本遺産に認定されました。多くの人を本市に呼び込む取り組みは。

要旨2 観光案内所、観光協会、観光ボランティアガイドの機能の充実と支援強化を。

要旨3 観光スポット、お買い物スポットなどを線で結んで楽しんでいただくための取り組みを。

要旨4 企業の市外流出を防ぐための対策と企業誘致を真剣に考えてください。

要旨5 特産品、飲食などの商業支援と販路拡充を。

 

(4) 質問者議員 山 本 一 男

件名1 住みよいまちづくりについて。

要旨1 購入品価格・数量、各種契約価格等の再検討による歳出低減について。

要旨2 当市における介護の実態・問題点と今後の対策について。

要旨3 交通安全対策強化による事故防止について。

件名2 人材育成の実態・問題点と今後の対策について。

要旨1 挨拶・コンプライアンス等の一般常識を確保するための対策について。

 

(5) 質問者議員 原 歴 史

件名1 市の窓口業務の民間委託について。

要旨1 2020年2月より段階的に市の窓口業務を民間委託することが報告されました。その理由として住民サービスの向上が挙げられていますが、現状ではどのような問題点があり、それをどのように改善しようとしているのかをお聞きします。

要旨2 市が担っている窓口業務は、住民の生活に関わる重要な個人情報が含まれます。民間委託によって、個人情報保護が低下するおそれや、偽装請負などの法令違反が起こる可能性が指摘されますが、その対策についてお聞きします。

要旨3 現在、市の直接雇用で窓口業務を行っているアルバイトや嘱託職員について、民間委託後に継続雇用される保障はありますか。

要旨4 今後、審査や交付決定などの公権力の行使を含む窓口業務を外部委託する方針はありますか。

件名2 非正規公務員の待遇改善を。

要旨1 当市職員の非正規率はどの程度ですか。また大阪府下の他自治体と比較して、その比率は何番目ですか。

要旨2 2020年4月より自治体非正規労働者に会計年度任用職員制度が導入されますが、市はこの制度の趣旨をどのように理解されていますか。

要旨3 会計年度任用職員の待遇について。

(1) 当市は会計年度任用職員をフルタイムで任用しない旨、通知されていますが、その理由をお聞きします。

(2) 近隣他市でフルタイム会計年度任用職員を任用しない自治体はどの程度ありますか。

(3) 任用の更新に当たり人事評価を行うとされていますが、具体的にどのような評価基準を想定されていますか。

要旨4 会計年度任用職員制度への移行に当たり、必要となる予算は増加しますか。また、その財源を確保するための国からの交付税措置はありますか。

 

(6) 質問者議員 駄場中 大 介

件名1 中学校給食を全員給食に。


要旨1 国や府は、学校給食は全員喫食を基本としている。当市教育委員会は、学校給食がどうあるべきと考えているのか。

要旨2 当面は弁当給食のおかずを温かいものに。

(1) 昨年9月から、給食センターの努力によりご飯が温かくなった。おかずも温かくするには食缶方式が最も効果的である。現在の給食センターの能力を最大限活かしながら、食缶・食器の洗浄や保存のスペース確保を。

(2) 各校で食缶を用いた場合、配膳リフトはあるに越したことはない設備です。一方で中学生は体力もあり、他市の状況を見ても、はじめから必ずしも整備しなければならない設備ではありません。これまでのリフト整備を含めた試算の見直しを。

件名2 地域と住民を中心にしたまちづくりを。

要旨1 駅前に喫煙ブースを設置した上で「路上喫煙禁止区域」の設定を。

(1) 府内の市町村での「路上喫煙禁止条例」等の制定状況は。

(2) 大阪狭山市では、金剛駅西口、大阪狭山市駅に日本たばこ産業株式会社・富田林たばこ商業協同組合からご寄付で喫煙所が設置されている。当市からもお願いしてはどうか。また独自設置にかかる補助金制度について聞く。

要旨2 くろまろの郷にドッグランの設置を。数ある道の駅と差別化し、ブランド力を高めるとともに、地域住民も利用できるドッグランを設置し、くろまろの郷の活性化を。

(1) 西側の1段上の木陰のスペースを利用して「奧河内ドッグラン」の開設を。

要旨3 荘園庭球場(テニス場)は他の市立テニス場と比べて現状の施設の状況には大きな差がある。

(1) 各テニス場の利用率の差は。

(2) 荘園テニス場の改修計画はあるのか。

(3) 改修をするまでの間、少なくとも利用料金の値下げを。

要旨4 近年、急速に住民主体の取り組みをはじめ、住民自治が前進している。市が早急に実態を十分に把握しなければ、時代の変化について行けない。そのためにも、市役所に住民自治組織を集めるのではなく、職員が直接歩いて現状を教えて頂きに訪問すべき。

(1) 現在の自治会数は。

(2) これまでの、年間訪問数は。

(3) 訪問の年間計画と具体的な目標を立ててください。

 

(7) 質問者議員 三 島 克 則

件名1 住民に寄り添った行政サービスについて。

要旨1 死亡された遺族の負担軽減のため、死亡後の手続きの簡素化について問う。

件名2 安心安全なまちへ。

要旨1 上原町交差点について問う。

(1) 国道170号南行き信号現示について。

(2) 国道170号南行き当該交差点手前の4車線について。

要旨2 車両接触事故、単独事故などによる歩行者や待機者の事故の巻き添えを防ぐ対策について問う。

要旨3 通学する子ども達や見守りする方など通り魔から身を守る対策について問う。

件名3 学校体育館について。

要旨1 国の補助金を活用した小・中学校の体育館の空調設備の設置について問う。

 

(8) 質問者議員 工 藤 敬 子

件名1 少子化に向けた市資産の活用について。

要旨1 クラス数の減少が進んだ後の小中学校の対応について。

(1) 現在の推移で児童生徒数が減少した場合、学校として存続が難しい小中学校はあるのか。また、それは何年後の予測になるのかをお尋ねします。

(2) 小中学校の児童生徒数が減少し、存続が難しいと判断した場合、どのように対応するのか市の見解をお尋ねします。

要旨2 建物などの資産の活用について。

(1) 小中学校の統廃合が行われた場合の、空き校舎や校庭の活用はどのように考えているのか。

件名2 交流人口増加を目指して。

要旨1 日本遺産の具体的な活用方法について。

(1) 日本遺産の冠を活用し、具体的にどのような観光プランへつなげるのか。

(2) 国内観光客やインバウンドに対し、それぞれどのようなアピールを行う予定なのか。

要旨2 くろまろの郷の活用について。

(1) 要望の多いドッグラン設置について、市の見解をお尋ねします。

(2) さらなる集客を目指し、どのような取り組みをしているのか。

件名3 子育て世代にやさしい市役所実現に向けて。

要旨1 キッズスペースの設置について。

(1) 設置の予定時期と、現在の進捗状況はどうなっていますか。

(2) 衛生管理については、どのような計画をしているのか。

 

(9) 質問者議員 奥 村 亮

件名1 総合窓口化対応について。

要旨1 窓口業務のアウトソーシングにおいて、総合窓口化の話があるが、どのような申請を受け付ける予定か。

要旨2 総合窓口ではどのような対応を取るのか。

要旨3 総合窓口で死亡に関する届出も対応できないか。

件名2 「南花台団地再生プロジェクト」についての進捗状況は。

要旨1 団地解体の予定は。

要旨2 団地解体に対する住民への説明は。

要旨3 今後の「南花台団地再生プロジェクト」の展開について。

件名3 世界遺産に挟まれる日本遺産のまち「河内長野市」をどのようにプロデュースするのか。

要旨1 観光客が泊まれて楽しめるまちへの変貌が必要と考えるが、どのように考えられているのか。

要旨2 地元の宿泊事業者との連携について。

 

(10) 質問者議員 仲 川 学

件名1 市民の選挙権のさらなる保障を。

要旨1 今年4月に実施された統一地方選挙より、三日市市民ホールにて期日前投票が実施された。今夏に行われる参議院議員選挙以降の選挙でも、継続して実施する予定か。

要旨2 国政選挙の投票所への移動支援については過去の議会で指摘のとおりだが、今夏の参議院議員選挙では、どのように対応するのか。また、市としての具体策はあるのか。

要旨3 移動支援の中の移動投票所についての検討はされているのか。

件名2 きれいで住みよいまち「河内長野市」に。

要旨1 駅周辺でのごみのポイ捨てが散見される。市として、どのようなことを検討しているのか。

要旨2 高齢化が進む中、ごみのふれあい収集は粗大ごみも含めて収集できる体制を早急に進めていくべきではないか。

要旨3 粗大ごみの抜取り防止を含めて、粗大ごみのリサイクルに取り組めば、新たな歳入確保につながるのではないか。

要旨4 南海千代田駅東側周辺におけるバイク及び自転車の違法駐輪の対応策を南海電鉄と再度協議すべきではないか。

 

(11) 質問者議員 道 端 俊 彦

件名1 子育てしやすいまち河内長野市のために、子どもの育つ環境に向けて伺う。

要旨1 子どもたちが安心・安全に育つ環境について。

(1) 児童虐待防止の現状と対策について。

(2) いじめ防止の現状と対策について。

(3) 通学路の安全確保の徹底(子どもを交通事故、不審者から守る取り組み)について。

(4) 全国的に広がる学校プール廃止について、当市の現状と考え方を問う。

(5) 小中学生におけるスマートフォン等の学校への持ち込みについて。

件名2 『誰一人取り残さない』SDGs(持続可能な開発目標)とまちづくりについて。

要旨1 日本遺産認定後の取り組みと今後の活用推進・活性化策について伺う。

(1) 日本遺産認定後の具体的なスケジュール・事業計画について。

(2) 「日本遺産」をどのように地域活性化につなげていくのか。

(3) 「日本遺産」認定に伴う交流人口・経済効果について。

(4) 百舌鳥・古市古墳群の世界文化遺産登録(勧告)との繋がりと日本遺産を通じた他市との交流について。

(5) 「日本遺産」の魅力をどのように国内外に情報発信していくのか。

(6) 今後の事業推進のための体制(組織の充実、人材の確保と育成)について。

要旨2 『誰一人取り残さない』SDGs(持続可能な開発目標)17の目標に対する推進について。

(1) 現在のSDGsに関する取り組み、推進状況を問う。

(2) 市民へのSDGs認知度向上の取り組みについて。

件名3 地域課題の解決と持続可能なまちづくりについて。

要旨1 市内の地域猫活動の現状および地域でのエサやりの問題、「飼い主のいない猫」と地域が共生するまちづくりについて。

 

(12) 質問者議員 峯 満寿人

件名1 本市産業の発展について。

要旨1 河内長野市企業立地促進条例について。

(1) 本条例策定後、この制度を利用された企業の実績と成果は。

(2) 改正案可決後の影響、効果はどのように見込んでいるのか。

(3) 本条例を推進するうえでの課題は。

要旨2 大きな弱点である交通インフラについて。

(1) 各課題道路の進捗状況は。

(2) 今後の取り組み予定は。

件名2 災害が多発する季節となるが、本市の備えは。

要旨1 本市も過去2年、質の異なる台風被害を受けたが、教訓としてどのように活かされているのか。

要旨2 全国各地で発生した災害への本市の取り組みは。

(1) 発災から8年、東日本大震災被災地への支援の現状は。

ア 事務補助などで派遣していた職員の現状は。

イ カウンターパートであった大槌町との現状は。

(2) 熊本地震、西日本大豪雨の際の派遣状況は。

(3) 他市の災害実例を本市に置き換えての検証などは行われているのか。

要旨3 本市防災会議構成団体との関係構築は十分か。

 

(13) 質問者議員 丹 羽 実

件名1 市民により添った行政を。

要旨1 昨年の台風21号での家屋損傷などで、市民は、保険会社からの保険金などもありますが、大きな出費を強いられました。災害時の市が発行する「り災証明」「被害証明」の発行手数料を条例改正し、無料にしてはどうかお聞きします。

要旨2 今年3月末で当市の病児保育制度が休止になりました。直ちに再開させなければなりません。休止に至った原因を分析して今後の対策に活かし、再開をしてください。再開の見通しと再開時期をお聞きします。

件名2 安全・安心なまちづくりを。

要旨1 突然無人になった住宅で所有責任者が判明しない場合、市は、緊急対策として何ができるのか。特に電気・ガス・水道は。長期間判明しない場合や連絡が付いても長期間放置されている場合は、空き家の処理と同様になるのかお聞きします。

要旨2 現在、国道310号歩道に太陽光パネル付防災型LED照明灯・非常用コンセント付(災害時用歩道照明灯)が設置されています。このタイプの街灯は、大規模災害時に電力会社からの電力供給が止まっても携帯電話くらいの充電には利用できます。当市も指定避難所や地域の主な公園などに設置してはどうかお聞きします。

 

(14) 質問者議員 浦 山 宣 之

件名1  5年、10年先のまちの活力維持のために。

要旨1 現在、本市は親子近居同居を促進するマイホーム取得補助制度を社会実験として取り組んでおり、転入促進事業としては評価している。それと同時に全庁的な観点(産業人口確保、人材確保など)から介護や福祉関連、保育士の資格を有し、本市で仕事をし、かつ市内で在住してくれる方に住宅・家賃補助制度を創設すべきではないか。

要旨2 昨年の9月議会で質問した国土交通省による官民連携のモデル形成を支援する事業として、道路・橋梁・公園・河川・上下水道等の総合インフラ施設の管理等について調査研究を行っていると思うが、進捗は。

件名2 誰もが健やかで安心して暮らせるまちへ。

要旨1 健康づくりや特定健診、がん検診の受診率の向上を進めるために、市民全体で取り組む必要がある。そのためにも民間企業からの情報発信・啓発活動は大きな後押しになると考え、民間との連携協定の仕組みをつくるべきと考えるが見解は。

要旨2 救命率を高めるために救急現場に居合わせた人、発見者や同伴者(バイスタンダー)による応急処置が極めて重要である。しかしながら大阪府は全国的にみても応急実施率が低いことが課題となっている。

(1) 本市の状況と啓発活動は。

(2) AEDを市民の認知度の高いコンビニエンスストアに設置を進めるべきではないか。市からもリース料金の補助金を創設すべきではないか。

要旨3 すべての人が火事や救急の際、速やかに119番に連絡できる環境下にすべきであることはいうまでもない。音声で119番通報が困難な聴覚・言語機能障がい者が円滑に消防の通報を行えるために、すでに導入している「ファックス119」だけでなく、スマートフォンから連絡できる「ネット119」も導入すべきではないか。

要旨4 南ケ丘地区にある公園5か所はトイレが設置されていない。例えば第3公園では、地域の方がグランドゴルフをしてもトイレで自宅に戻らなければならない。公平性、防災等の観点からもトイレを設置すべきではないか。

要旨5 いのちを守る施策の一歩前進のために。

(1) 災害時は母乳を与えられるような環境が整っているとは限らない。赤ちゃん用液体ミルクは災害時の備蓄品として注目され、国内でも今年の3月に販売された。本市でも備蓄しておくべきではないか。

(2) 災害時において「ラジオ」の重要性は高い。SDGs(持続可能な開発目標)が注目されているが、その日本SDGs協会が呼びかけ、発災時に臨時災害FMの運営を支援するボランティアチーム「災害対策推進チーム」がある。このチームは、NHK、民放問わず放送経験されたOB・OGで構成されていると聞く。今後、同協会と連携していくべきではないか。

 

(15) 質問者議員 堀 川 和 彦

件名1 今年度予算編成及び予算案可決までの過程に問題点はなかったか。

件名2 中学校給食の今後について。

件名3 本市の安全確保について。

要旨1 市道千早口天見線(旧高野鉄道軌道敷跡遊歩道)には危険とみなされる箇所があるが、サイクリストやハイカーに事故が起こらないよう、手当てすべきではないか。

要旨2 高齢者の事故が続いている。免許証返納を促す施策が必要ではないか。

 

(16) 質問者議員 宮 本 哲

件名1 市民にとって、より便利な移動手段を。

要旨1 南花台の新移動システムの実用化に向けた実証実験について。

(1) 当初の発表からみると方向性に少し変化が見られるが、現状の見通しは。

(2) 将来的な課題は別にして、実用化に向けては手動運転を中心に具体化させていく方が、横展開もやりよいのではと思うがどうか。

(3) ループ形式、デマンド形式をはじめ、ハード面の課題、運用面での課題など具体的に見えてきているのか。

(4) 実用化の中で利用料を徴収するにしても、そうでないにしても採算のとれる事業ではないように思えるが、どういった見通しがあるのか。

(5) 今後のスケジュールについて示してください。

要旨2 一法人が地域住民へのサービスの一環で限定された地域において、高齢者の送迎をしようとする動きがあります。このような動きに市として支援できることはないか。

要旨3 バス「おでかけチケット」は高齢者にとって使いづらいところがある。さらに利用しやすい工夫を。

件名2 近年、省エネ型温水器やコージェネレーションシステムが普及する中で、低周波音による被害が問題視されている。

要旨1 市は現状をどの程度認識しているか。市への相談状況は。

要旨2 人の個人差、周辺の認識不足から被害者が孤立する傾向があり、被害者に寄り添える対応が求められる。市の相談窓口はどこになるのか。

要旨3 当事者間の話し合いの仲介など積極的な対応をする市もあると聞く。当市としても低周波音による相談対応を強めるべきではないか。

 


みなさまの声を聞かせてください

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?