ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 各課のページ > 警防課 > 予防救急をご存知ですか?

本文

予防救急をご存知ですか?

印刷ページ表示 更新日:2019年1月19日更新
<外部リンク>

救急事故は意外にも家の中で起こる?

 『少しの心構えや家族への気配りといった小さな心がけで防げる事故を防ぐ』という予防救急の取り組みが救急需要が増加する中で注目されています。

 転倒によるけがなどが寝たきりに繋がることもある高齢者の方には特に有用で、ちょっとした注意や工夫で命に関わる危険な事故を減らすことができます。また、救急事故は外で起こるとは限らず、慣れ親しんだ家の中で起こることも多いのです。あなたも一度家の中をチェックしてみてください。

  • コード類は通路をまたがない
  • 段差は出来るだけ少なく、足元を明るく
  • 階段の上り下りは必ず手すりを使用
  • 床に置きっぱなしのスーパーの袋やチラシは踏むと滑る

転倒以外にも防げる事故はあります

熱中症

  • こまめな水分・塩分補給
  • 夏場は我慢せず適度なエアコンの使用
  • 夏場の外出時には日傘、帽子、速乾性の服を着用

入浴事故

  • 脱衣場の暖房や浴槽の蓋を開けておくなどして急激な温度変化を防止
  • 入浴前はかけ湯、上がる時はゆっくり立ち上がり、立ちくらみに注意
  • 長湯時は家族で声掛け

やけど

  • ポットやアイロンコードのひっかけに注意
  • ガスコンロの火が着衣の袖に燃え移ることも
  • 電気カーペットやこたつの長時間の使用で低温やけどのおそれ

感染症

  • しっかりこまめに手洗いうがい
  • 流行時には人込みを避けてマスクを着用

関連ページ

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)