ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

本文

女性に対する暴力をなくす運動

印刷ページ表示 更新日:2020年10月23日更新
<外部リンク>

毎年11月12日から25日は「女性に対する暴力をなくす運動」、11月25日は「女性に対する暴力撤廃国際日」です。

 暴力は、その対象の性別や加害者、被害者の間柄を問わず、決して許されるものではありませんが、特に、配偶者等からの暴力、性犯罪、ストーカー行為、売買春、人身取引、セクシュアル・ハラスメント等女性に対する暴力は、女性の人権を著しく侵害するものであり、男女共同参画社会を形成していく上で克服すべき重要な課題です。
 この運動をひとつの機会ととらえ、河内長野市では市民団体teamあごらやその他の関係団体との連携・協力のもと、社会の意識啓発等女性に対する暴力の問題に関する取組を一層強化します。また、女性に対する暴力の根底には、女性の人権の軽視があることから、女性の人権の尊重のための意識啓発や教育の充実を図る施策を実施しています。
 teamあごらでは、「女性に対する暴力根絶のためのシンボルマーク」として、オリジナルパープルリボンをデザインしています。女性も男性も誰もが安心して輝ける社会を目指して、あなたもパープルリボンを身につけ意思表示をしませんか?
パープルリボン

性暴力をなくそう

今年の「女性に対する暴力をなくす運動」は「性暴力を、なくそう」がテーマです。
被害者支援のためのワンストップ支援センターの全国共通ダイヤルが10月1日から運用されています。

男女共同参画局のページ<外部リンク>

♯8891

DV相談ナビ ♯8008 

どこに相談すればよいかわからないという方のために、全国共通の電話番号♯8008から相談機関を案内するDV相談ナビサービスを実施しています。
発信地等の情報から最寄りの相談機関の窓口に電話が自動転送され、直接相談いただくことができます。
DVナビ ♯8008