ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
大阪府河内長野市役所 > 各課のページ > 自治協働課 > 地域活動デジタル化推進ポイント事業

本文

地域活動デジタル化推進ポイント事業

印刷ページ表示 更新日:2022年6月30日更新
<外部リンク>

地域活動デジタル化推進ポイント事業について

電子地域通貨「モックルコイン」を自治会やまちづくり協議会などが主催・共催する地域活動参加者のスマートフォンアプリ(chiica)に付与する活動を通じて、自治会等のデジタル化推進のきっかけづくりをします。
デジタル化の推進により、人の移動や接触の頻度を減らすことが期待できるため、地域活動での感染症まん延防止を図ることができます。また将来的にはスマートフォン等の活用により、リモートでの会議や連絡をネット上で行えるようになることから、会合の開催や回覧等の役員の負担も減らすことも期待できます。
ポイント(モックルコイン)は、市内加盟店で商品の購入などにご利用いただくことができます。

ポイント付与対象となる方

自治会やまちづくり協議会などが主催・共催する各地域活動への参加者で、ご自身のスマートフォン等にchiica(チーカ)アプリをインストールした方(アプリは無料です。)

実施期間

令和4年7月4日(月曜日)~令和5年2月28日(火曜日)
※加盟店でのポイント使用は令和4年8月1日(月曜日)~令和5年3月15日(水曜日)。期限を過ぎるとポイントは失効しますので、ご注意ください。

ポイント付与条件

上記期間内で単位自治会、連合自治会または地域まちづくり協議会が主催・共催する活動(事前に市と協議を行ったものに限ります。)に参加すること。
対象となる地域活動は、(1)地域環境の整備、(2)地域住民相互の交流・助け合い、(3)地域の安全安心向上のいずれかに関するもので、自治会、連合自治会、まちづくり協議会が主催・共催するものです。

付与ポイント

活動参加1人につき、1事業あたり500ポイントを付与します。
ただし、1人あたり通算3,000ポイント付与を上限とします。

地域通貨の利用方法やポイント使用できる加盟店など

コールセンターについて

地域活動デジタル化推進ポイント事業をはじめ、令和4年度の地域通貨事業のご利用をサポートするため、コールセンターを設置します。
コールセンターでは、アプリのダウンロードや操作などについてお答えをいたします。
詳細が決まりましたら、ホームページで情報を掲載いたします。

自治会・まちづくり協議会役員の方へ

この事業に関する手続きは次のとおりです。詳細は、各団体へ6月末に送付した説明文書でご確認ください。
(1)各団体から市(自治協働課)へ事業実施計画とQRコード取扱者名簿を電子申請で行うか、メール、郵送、Fax、持参により自治協働課へ提出してください。
令和5年2月17日(金曜日)まで受け付けます。
(2)計画書提出後約1週間後から事業実施日までの間に市(政策企画課)からポイント付与に用いるQRコードを書面で代表者またはQRコードを取り扱う方に郵送します。
(3)参加者はchiicaアプリをできるだけ事前に、スマートフォン等にインストールしてください。
(4)各団体で事業実施。QRコード取扱者は事業終了後QRコードを実施会場等で掲示するなどして提示してください。そのうえで、参加者chiicaアプリでQRコードを読み込むと、アプリ上にポイントが付与されます。
(5)事業実施後2週間以内に各団体から市に事業実施報告(写真やチラシ等も画像データまたは書面で併せてお願いします。)を提出します。
(6)参加者が各加盟店でポイントを利用いただきます(令和4年8月1日(月曜日)~令和5年3月15日(水曜日)まで)。

自治会、まちづくり協議会で使っていただけるチラシのひな型をご用意しています。必要な方は自治協働課へお申し出ください。microsoft publisher のファイルをお渡しします。

chiicaアプリダウンロードはこちらへ(無料です。)

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)