ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
大阪府河内長野市役所 > 各課のページ > 農林課 > 平成30年台風第21号による被災農業者向け経営体育成支援事業について

本文

平成30年台風第21号による被災農業者向け経営体育成支援事業について

印刷ページ表示 更新日:2018年12月26日更新
<外部リンク>

平成30年台風第21号による被災農業者向け経営体育成支援事業について

 台風第21号により被災されたみなさまに、心よりお見舞いを申し上げます。

 このたび、国から支援対策について別紙チラシ「被災農業者向け経営体育成支援事業」のとおりに示されました。今回、農業用ハウス・機械等の再建・修繕(被災施設の撤去を含む)に要する経費の一部が、国、府及び市から助成(支援)されます。

 台風第21号により被災された方は、ページ下部に添付しているチラシの内容をご確認いただき、該当のある方は下記の書類を市農林課の窓口へご提出ください。

 なお、補助対象となる施設等の基準について、現時点では未定のため、お申し出いただいた内容が補助対象外となる可能性もありますので、あらかじめご了承ください。

 ご不明な点がございましたら、農林課までお問い合わせください。

提出書類

1.台風第21号による被災農業者向け支援事業適用申出書

2.被災状況がわかる写真

3.被災したハウス等の再建・修繕にかかる費用の見積書、既に再建済みの場合は、領収書をご持参ください。

提出期限

平成30年10月22日(月曜日)

※提出期限まで期間が非常に短く恐縮ですが、大阪府への報告期限が10月22日(月曜日)となっておりますので、ご協力をお願いします。

提出先

河内長野市役所4階農林課へ直接ご持参ください。

 

被災農業者向け経営体育成支援事業について

 平成30年北海道胆振東部地震及び台⾵第21号(9⽉3⽇以降)により被害を受けた、農産物の生産・加工に必要な施設・機械の再建・修繕等を支援します。

概要

1.農業⽤施設・機械の復旧を⾏い、営農を再開する農業者の方への支援です。
2 .農産物の生産・加工に必要な施設(農業用ハウス、果樹棚、畜舎、加工施設等)の再建・修繕や、農業用・加工用機械の取得・修繕に係る費用について助成します。
3 .農産物の生産に必要な施設の撤去費用についても助成します。

4 .被害を受けた⽇以降の取組(着⼯)であれば、本事業の計画承認等の手続き前の取組でも対象となります。
・施設の被害状況、作業を⾏った者、⽇付、費⽤の額が分かる書き物や写真
・ 作業を外注した場合の発注書、納品書、請求書、領収書などの書類の保存をお願いします。

 

80

81

施設の再建・修繕等について

1.助成の対象となる事業内容

(1) 農産物の生産及び生産した農産物の加工に必要な施設並びにその附帯施設の再建・修繕(必要な資材を購入して自ら再建・修繕する場合を含む)


(例):農業用ハウス、果樹棚、畜舎、堆肥製造施設、農業用施設(農機具格納庫や農業資材庫)、加工施設、加温用ボイラー、搾乳機、水耕栽培用ベンチなど

(2)農業用機械及び生産した農産物の加工に必要な機械の取得・修繕


(例):トラクター、田植機、コンバインなど

※1 以下のものは対象となりません。

 ・農業生産・加工に必要な施設以外の施設(販売に関する施設等)

 ・附帯・補完的器具(育苗苗、パレット、コンテナ、運搬台車等)

 ・消耗品(トンネル、マルチ、燃料、農薬、肥料等)

※2 施設の強度の向上や規模拡大等を行うことも可能ですが、原形復旧を超える部分は自己負担となります。

※3 被災地での再建が困難な場合には、場所を移動して再建することも対象になります。

2.助成を受けるための主な要件

地方公共団体による予算の上乗せ措置(地方公共団体単独事業を含む。)または.融機関からの融資を受けていることが必要です。

3.助成率

事業費 ×1/2以内(国による支援分)

※ 残りの部分については、地方公共団体が一部負担します。
園芸施設共済の対象となる施設については、

1) 共済加の場合は共済金の国費相当額を合わせて1/2、

2)共済未加入の場合は4/10となります。

施設等の撤去について

1.助成の対象となる事業内容

被災した施設(農産物の生産に必要なもの)の解体、廃材、処理等

2.助成を受けるための主な要件

国の助成金の額以上を地法公共団体が助成していることが必要です。

3.助成率

助成単価に施設の.積を乗じた金額と、撤去を行うために実際に支出する(した)費用のうちいずれか低い額×1/2(国による支援分)

※ 残りの部分については、地方公共団体が一部負担します。

注意:実際に.払われる補助金額は、各地法公共団体の助成金額や園芸施設共済の加入状況等により異なります。
農業用ハウスなど園芸施設共済の引受対象となる施設の場合は、事業完了後に園芸施設共済等への加入が必要となります。

 

その他農林水産関係被害への支援対策については下記ファイルをご確認ください

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)


みなさまの声を聞かせてください

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?