ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
大阪府河内長野市役所 > 分類でさがす > 産業・ビジネス > 産業 > 商工業 > 赤峰市民広場の産業用地化の検討に関するアンケート

本文

赤峰市民広場の産業用地化の検討に関するアンケート

印刷ページ表示 更新日:2021年4月8日更新
<外部リンク>

 河内長野市においては、工場などを建設するための産業用地の不足により、市外へ転出する事業者が増加し、税収の減少につながるなど大変厳しい財政状況となっています。また、今後も産業用地を求める事業者の市外転出が続くことで、地域経済へ影響を及ぼすなど、まちの活力の低下にもつながりかねない状況にあります。

 新たに工場などを建設し操業を開始することは、固定資産税や法人市民税など新たな財源としての税収をもたらすとともに、雇用創出、地域商業への波及効果等を生み出します。これらのことから、まちの活力の維持・向上を図るためにも、工場などを建設するための産業用地の確保が喫緊の課題となっています。

 そこで、本市では赤峰市民広場(会議室、研修室、野外ステージ、野外ステージ控室、キャンプ場、公園、駐車場等すべてを含む)を産業用地化するための検討を行っています。

 現在、赤峰市民広場はスポーツ施設であり、また市民の憩いの場でもあることから、普段から利用される方や利用されない方からも広く産業用地化についてご意見をお伺いしたく、この度アンケート調査を実施することとなりました。

 大変お手数ではございますが、アンケートへのご協力をお願いします。

 赤峰市民広場をご利用の方はこちらへ(利用者向けアンケートフォーム)

          ご利用されていない方はこちらへ(非利用者向けアンケートフォーム)

 回答期限:令和3年5月14日(金)