ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
大阪府河内長野市役所 > 各課のページ > 環境衛生課 > レジ袋の有料化が義務化されます(令和2年7月実施)

本文

レジ袋の有料化が義務化されます(令和2年7月実施)

印刷ページ表示 更新日:2020年6月4日更新
<外部リンク>

令和2年7月よりプラスチック製買物袋(レジ袋)を有料化する事が義務付けられます。これは廃棄物の発生を抑制し、海洋プラスチックごみ問題、地球温暖化に対する取り組みのため、小売を行う事業者にプラスチック製買物袋の有料化を義務付けるものです。

対象となる買物袋

  • 消費者が購入した物を持ち運ぶために利用するプラスチック製の袋

但し、例外があります。下記を参照してください。

対象とならない買物袋

  • 紙製の袋
  • 布製の袋
  • 持ち手のついていないプラスチック製の袋

有料義務化の例外となるプラスチック製買物袋

  • プラスチックのフィルムの厚さが50マイクロメートル以上のもの
  • 海洋生分解性プラスチックの配合比率が100%のもの
  • バイオマス素材の配合率が25%以上のもの

再利用可能な袋や海洋プラスチックごみ問題対策、地球温暖化への対応について配慮している袋は対象外となります。

有料化義務付けの例外となるプラスチック製買物袋でも小売店の判断で有料化する事は可能です。

マイバックを持参しましょう

買物にはマイバックを持参し、レジ袋の使用削減にご協力ください。


経済産業省制度概要説明ページ<外部リンク>

 

お問い合わせ先

プラスチック製買物袋の有料化に関する相談窓口 (経済産業省)

事業者向け     0570-000930
消費者向け     0570-080180 

受付時間  月曜日から金曜日 9時00分から18時15分 (土曜、日曜、祝日を除く)

上記の問い合わせ電話番号、受付時間は令和2年6月現在の情報です。今後変更になる可能性があります。