ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

本文

障がい児福祉手当

印刷ページ表示 更新日:2019年11月1日更新
<外部リンク>
  • 目的

重度障がい児に対して、その障がいのため必要となる精神的、物質的な特別の負担の軽減の一助として手当を支給することにより、特別障がい児の福祉の向上を図る。

  • 支給要件

精神または身体に重度の障がいを有するため、日常生活において常時の介護を必要とする状態にある在宅の20歳未満の方

※手当の支給に関する認定は、障害者手帳の等級でなく、障害の種類や程度、医師からの診断などによって行います。

  • 支給月額

14,790円

  • 支払時期

2月、5月、8月、11月の8日にその前3ケ月分の手当を支給

  • 所得制限

所得制限に該当する場合、特別障がい者手当の認定を受けたとしても、手当の支給を受けることができません。

特別障がい者手当所得制限
扶養親族等の数 本人 配偶者及び扶養義務者
収入額 所得額 収入額 所得額
0 5,180,000 3,604,000 8,319,000 6,287,000
1 5,656,000 3,984,000 8,596,000 6,536,000
2 6,132,000 4,364,000 8,832,000 6,749,000
3 6,604,000 4,744,000 9,069,000 6,962,000
4 7,027,000 5,124,000 9,306,000 7,175,000
5 7,449,000 5,504,000 9,542,000 7,388,000

障がい児福祉手当について(厚生労働省ホームページ)<外部リンク>