ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

本文

ペットの防災について

印刷ページ表示 更新日:2020年11月15日更新
<外部リンク>

災害が発生したら、まずはご自身の安全を確保してください。飼い主が無事でなければペットの安全を守ることはできません。災害時にペットを守れるのは飼い主だけです。

ペットに関する防災の基本は、飼い主が責任をもって対応することです。過去の大規模災害の知見から、災害が発生し、避難が必要になった場合は、原則としてペットを同行して避難することが重要とされています。

ペット同行避難の図

 

ペットの同行避難とは?

 同行避難とは、災害発生時に飼い主が飼育しているペットを同行し、避難所まで安全に避難することです。避難所において人とペットが同一の空間で居住できることを意味するものではありません。

また、どのような状況下においても必ず同行して避難しなければいけないというものではありません。自宅が安全であり、定期的にペットの世話をするために戻れる状況にあるのであれば、避難所に連れて行かないということも選択肢の一つです。

ただし、その場合も、毎日の食事と健康状態の確認が大切です。犬、猫、小鳥、小型のげっ歯類等の一般的なペット以外の動物は、避難所での受入れが難しい場合もあります。状況によっては、同行避難が難しい事態も考えられるので、万一のときの預かり先を確保しておくことも大切です。

 

日ごろからの備えが大切です

災害はいつ起こるかわかりません。いざというときに適切な対応ができるよう、日ごろからの備え・心構えが重要です。
また、ご近所との良好な関係は、災害発生時にも役立つでしょう。

災害発生時に慌てないために

【避難場所の確認】
普段から家族で最寄りの避難場所や避難経路について確認しておきましょう。

動物の管理としつけ

【身元表示】
突然の災害に驚いてペットが逃げ出してしまい、飼い主と離れ離れになってしまう可能性もあります。はぐれてしまったペットが飼い主の元に戻れるように、首輪などに身元表示をしましょう。

【健康管理】
同行避難した先では多くの動物が集まり、自分のペットが他の動物と一緒に過ごすことになるかもしれません。また、慣れない環境で過ごすストレスから体調を崩すこともあります。感染症の蔓延を防ぎ、ペットの健康を守るためにも日ごろからの健康管理が重要です。体を清潔に保ち、狂犬病予防注射(犬)や混合ワクチンのほか、ノミなどの外部寄生虫の駆除を行いましょう。
※犬は狂犬病予防法において鑑札及び注射済票の装着が義務付けられています。

【しつけ】
安全かつ速やかに避難できるように、また、避難所において周囲に迷惑をかけないように、普段からしつけを行い飼い主がきちんとコントロールできるようにしましょう。いざという時に動物のストレスを少なくすることにもつながります。

【防災用品の備蓄】
ペットのための備えは飼い主の責任です。最低でも3日分、できれば7日分を目安にペットの防災用品を備蓄しておきましょう。

◆防災用品の例
・フード及び水
・動物の常備薬
・食器
・トイレ用品(ペットシーツ、猫砂など)
・首輪及びリード
・健康の記録(既往歴、ワクチン接種歴がわかるもの)
・写真(飼い主と一緒に写っているもの)
・ケージ、キャリーバッグ
・その他(ガムテープ、おもちゃなど)

ペットの避難方法

災害発生時の支援(公助)は、人間の救護が基本です。初期にはペットに対する支援は期待できませんが、飼い主は自らペットの健康と安全を守る責務を負っています。

○避難所で飼育

 避難所で定められたルールに従い、飼い主が責任をもってペットを飼育する必要があります。
  また、他の飼い主との協力も必要になります。

○自宅で飼育

 飼い主が在宅避難する場合
 または、飼い主は避難所に避難し、ペットは自宅で飼育することもあり得ます。

○車の中で飼育

 飼い主も車中泊する場合は、エコノミークラス症候群に注意。
 ペットの熱中症対策にも注意が必要です。

○施設等に預ける

 親戚・友人、民間施設等に一時預ける先をあらかじめ確保しておきましょう。

ペットホテルの図