ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
大阪府河内長野市役所 > 分類でさがす > 暮らし・環境 > 安全・安心 > 新型コロナウイルス > 感染症の拡大を防ぐため新しい生活様式を心がけよう

本文

感染症の拡大を防ぐため新しい生活様式を心がけよう

印刷ページ表示 更新日:2020年5月25日更新
<外部リンク>

新しい生活様式について

厚生労働省から、皆さんに日常生活の中で取り入れていただきたい「新しい生活様式」の実践例が示されています。

新型コロナウイルスの出現に伴い、飛沫感染や接触感染、さらには近距離での会話への対策をこれまで以上に取り入れる必要があります。特に、人同士の接触を減らすこと、マスクをすること、手洗いをすることが重要です。

ひとりひとりが日常生活のなかで、「新しい生活様式」を心がけていくことで、感染症の拡大を防ぐことができ、ご自身のみならず、大事な家族や友人、隣人の命を守ることにつながります。

大阪府内で未だ感染者が確認され、確立された治療法やワクチンもないことから、引き続き、適切な感染症予防対策の実施をお願いします。

新しい生活様式

 

新しい生活様式の実践例

  • 身体的距離の確保(人との間隔はできるだけ2m確保)
  • マスクの着用(症状がなくてもマスクを着用)
  • 手洗い(家に帰ったらまず手や顔を洗う。手洗いは30秒程度かけて水と石けんで丁寧に洗う)
  • 在宅勤務(テレワーク)等の取組みを推進
  • 大阪コロナ追跡システムへの登録・利用など

新しい生活様式

 

場面ごとに心がけようこんなこと・あんなこと

基本的な感染対策

症状がなくてもマスク着用を忘れずに、人との間隔はできるだけ2メートルをとって会話し、帰宅したら30秒程度の手洗いをしましょう。

人と会う時は

高齢者や持病のあるような重症化リスクの高い人と会う時は、発熱や咳など体調管理をより厳重に。

買い物は

1人か、少人数ですいた時間に出かけ、レジに並ぶときは前後にスペースをとりましょう。通信販売や電子決済の利用もご検討ください。

スポーツは

公園はすいた時間、場所を選び、トレーニングなどは自宅で動画の活用を。ジョギングは少人数で。すれ違うときは距離をとるマナーを。

観戦や鑑賞は

狭い部屋では長居せず、歌や応援は十分な距離をとるかオンラインで楽しみましょう。

食事は

持ち帰りや出前もご利用ください。料理は大皿ではなく個々に。グラスの回し飲みは避けましょう。会話の時は真正面ではなく横並びで座りましょう。

冠婚葬祭など

多人数での会食は避けて、発熱や風邪の症状がある場合は参加しないよう心がけてください。

新しい働き方を

在宅勤務やローテーション勤務、時差通勤をご検討ください。対面での打合わせでは換気とマスクを忘れずに。

外出や移動は

行き先の感染状況に注意し、帰省や旅行、出張などの際は、発症した時のために誰とどこで会ったかをメモしておきましょう。公共交通機関では混雑する時間帯を避けて、徒歩や自転車との併用もご検討ください。

イベントの開催は

屋内で100人以上、屋外で200人以上の場合、参加者同士の距離を十分に確保するなどの適切な感染予防対策を講じてください。

飲食店や施設の営業は

業種別の感染拡大予防ガイドラインを遵守し、感染防止対策を徹底してください。

業種別ガイドラインの情報は内閣官房ホームページでご確認ください<外部リンク>

大阪府ホームページ(感染拡大防止に向けた外出・イベントの開催・施設の使用・学校等について) <外部リンク>

 

新しい生活様式

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)