ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
大阪府河内長野市役所 > 分類でさがす > 暮らし・環境 > 安全・安心 > 防災 > 台風第21号に伴うり災証明書及び被害証明書の発行を終了します

本文

台風第21号に伴うり災証明書及び被害証明書の発行を終了します

印刷ページ表示 更新日:2019年1月21日更新
<外部リンク>

台風第21号被害に伴う「り災証明書」及び「被害証明書」の発行を平成31年3月29日をもって終了します。
上記の証明書がご必要な方は、期日までにご申請ください。

台風第21号に伴い、住家等の被害を受けられた方で、保険適用などで証明が必要な方には、「り災証明書」及び「被害証明書」の申請を受け付けています。

「り災証明書」と「被害証明書」について

風水害や地震などで被災した住家や、住家以外の被害を証明する書類です。

り災証明書

居住している建物自体が、風水害や地震などにより被害を受けたことを証明する書類です。

被害の程度を「全壊」、「大規模半壊」、「半壊」、「一部損壊」の4区分で判定しています。

被害証明書

居住している建物以外(カーポート、倉庫、塀、アンテナなど)が、風水害や地震などにより被害を受けたことを証明する書類です。

保険適用などで必要

り災証明書は、保険適用などで必要となる場合がありますので、提出先にどんな書類が必要かをご確認のうえ申請してください。例えば、火災保険等の請求では必ずしも市町村長が発行するり災証明を必要としませんので、事前に保険会社などにご確認ください。

自己判定方式による「り災証明書」と「被害証明書」の発行について

現在、り災証明書の発行については、自己判定方式による、家屋の被害が「一部破損」のみの発行となります。

なお、申請された被害が台風第21号と断定できない場合、り災証明書を発行することができませんので、予めご了承ください。

「一部破損」とは

瓦のずれ、一部落下や外壁の一部にひび割れなど、建物全体の20パーセント未満の損害が該当するものです。

手続き方法

下記の書類をご用意のうえ、市役所危機管理課までお越しください。

必要書類

  1. 必要事項を記入した申請書
  2. 本人確認ができる書類(運転免許証、健康保険証、マイナンバーカード(表面のみ)など)の写し
  3. 下記の写真(返却できません。普通紙へのカラー印刷も可)
  • 建物全景(なければ建物全体の図面。手書きでも可)
  • 表札(あればで構いません)
  • 外壁や屋根等の被害箇所

発行までの期間

発行は翌日以降となります(電話で案内します)。

申請受付期間

平成30年9月25日(火曜日)~平成31年3月29日(金曜日)

申請書

大阪版被災住宅無利子融資制度