ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
大阪府河内長野市役所 > 水道について > 西之山配水池におけるサクラの伐採について
水道について

本文

西之山配水池におけるサクラの伐採について

印刷ページ表示 更新日:2022年1月14日更新
<外部リンク>

 クビアカツヤカミキリムシの被害拡大防止のため、西之山配水池の被害のあるサクラを伐採します

 クビアカツヤカミキリムシによる被害が本市のサクラに拡大しています。一度、幼虫が入りこんだ樹木は内部を食い荒らされ、樹勢が弱まり最後は枯死してしまいます。被害の拡大を防止する最も有効な手法は、幼虫が潜んでいる被害木を伐採し、成虫を羽化させないことです。被害のないサクラを守るために被害のあるサクラを伐採します。

1. 伐採期間 1月25日から28日

2. 対象地  西之山配水池(寿町14番1他)

 伐採期間中はご迷惑をおかけしますが、よろしくお願いいたします。

 クビアカツヤカミキリは2018年1月に「特定外来生物による生態系等に係る被害の防止に関する法律(外来生物法)」による特定外来生物に指定されました。これにより、飼養、保管、運搬、輸入、野外への放出などが原則禁止となります。特定外来生物は、防除対策をとらず放置しておくと分布を拡大し、農林水産業等に被害を及ぼすおそれがあることから、必要に応じて駆除することとされています。また、被害木の枯損や落枝等が発生しないよう配慮が必要です。

大阪府/特定外来生物「クビアカツヤカミキリ」に関するお知らせ<外部リンク>