ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
大阪府河内長野市役所 > 分類でさがす > 子育て・学び > 生涯学習 > 図書・読書 > 河内長野市立図書館 Supported by TONE ホームページ > 2月5日開催「読み聞かせボランティア・フォローアップ講座 人生最初のリミナリティ体験を考える-幼児期の子どもたちが姉・兄になるときを描く絵本を通して-」
河内長野市立図書館 Supported by TONE ホームページ

本文

2月5日開催「読み聞かせボランティア・フォローアップ講座 人生最初のリミナリティ体験を考える-幼児期の子どもたちが姉・兄になるときを描く絵本を通して-」

印刷ページ表示 更新日:2022年1月4日更新
<外部リンク>

新型コロナウィルス感染拡大防止のため、講座は人数を減らし、ソーシャルディスタンス(社会的距離)に配慮し開催します。

またワクチン接種の有無にかかわらず、咳エチケット、マスク着用、手洗い・手指の消毒をお願いいたします。

以下の方は、当日の参加をご遠慮願います。
•37.5度以上の発熱がある方
•平熱比+1度超過した方
•息苦しさ(呼吸困難)・強いだるさがある方
•軽度であっても咳・咽頭痛などの症状がある方
•過去2週間以内に、感染が引き続き拡大している国・地域への訪問したことがある方

内容

それまで、家族のひとりの子どもとして両親からずっと愛されて育ってきたある日、あかちゃんが生まれます。
お姉ちゃん・お兄ちゃんになる子は、家族における自分のポジションを奪われたと感じ、パニックを起こしたり、
嫉妬したりします。子どもたちはこうして人生最初のリミナリティ(試練)の体験をすることになります。このことは、
1種の通過儀礼であり、大事な体験です。
他にも、思春期、受験、老齢、死別も人生のリミナリティ体験です。
絵本16冊ほどを通して、お話します。 

日時

 令和4年2月5日(土曜日) 午後2時から4時 

会場

 キックス(市民交流センター)3階大会議室AB

定員

 60名(先着順)

対象

 これまでに「読み聞かせボランティア講座」を受講するなど、子どもの読書、絵本に興味・関心がある方

参加費

 無料

主催

 河内長野市立図書館

講師

 正置 友子(まさき ともこ)先生

講師紹介

 1973年 吹田市千里ニュータウンで青山台文庫を開設。2000年 イギリスのローハンプトン大学より、ヴィクトリア時代の絵本研究論文により博士号授与。2001年 青山台文庫で「だっこでえほんの会」をスタートする。2009年 聖和大学大学院教授を退職、絵本学研究所主宰。2018年 大阪大学大学院へ提出した2度目の博士論文をもとにまとめた『メルロ=ポンティと<子どもと絵本>の現象学』が風間書房より出版される。
 国際児童文学学会会員・イギリス児童文学学会会員・絵本学会会員・日本児童図書評議会会員。
 著書に『イギリス絵本留学滞在記』『The History of Victorian Popular Picture Books』(風間書房)、『絵本の散歩道』シリーズ(創元社)5巻、訳書に『絵本の絵を読む』(玉川大学出版部)などがある。 
 また『保育のなかの絵本』(かもがわ出版)では編者をつとめている。

備考

 講座当日の午前11時現在、河内長野市に気象警報が発表されている場合は中止となり、その際のご連絡は致しませんのでご了承ください。
 

 新型コロナウィルス感染拡大防止のため、講座は人数を減らし、ソーシャルディスタンス(社会的距離)に配慮し開催します。

 またワクチン接種の有無にかかわらず、咳エチケット、マスク着用、手洗い・手指の消毒をお願いいたします。

 以下の方は、当日の参加をご遠慮願います。
  •37.5度以上の発熱がある方
  •平熱比+1度超過した方
  •息苦しさ(呼吸困難)・強いだるさがある方
  •軽度であっても咳・咽頭痛などの症状がある方
  •過去2週間以内に、感染が引き続き拡大している国・地域への訪問したことがある方

申込方法

 ハガキもしくはメールに講座名・住所・氏名・年齢・電話番号・現在の活動内容(あれば)を記入し、図書館へ申し込み。電話・来館での申し込みも可能。

 メール tosho-kouza@city.kawachinagano.lg.jp

 


図書館外観

【開館時間】
<火曜日~金曜日>
 午前10時~午後7時
<土曜日・日曜日>
 午前10時~午後5時

【休館日】
 毎週月曜日、年末年始
 特別整理期間(蔵書点検)

電子図書館<外部リンク>
蔵書検索システム

お問い合わせフォーム

みなさまの声を聞かせてください

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?