ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > 子育て・学び > 生涯学習 > 図書・読書 > 河内長野市立図書館ホームページ > 戦前・戦中・戦後の絵本-あの頃、こんな絵本があった-<河内長野 子どもと本の連絡会 読書の楽しさを子ども達に-読書応援団講座20->
河内長野市立図書館ホームページ

本文

戦前・戦中・戦後の絵本-あの頃、こんな絵本があった-<河内長野 子どもと本の連絡会 読書の楽しさを子ども達に-読書応援団講座20->

印刷ページ表示 更新日:2019年6月6日更新
<外部リンク>

 

  出版は、その時代を反映します。子どものための本とされている絵本も例外ではありません。
 第二次世界大戦へと向う戦前、そして戦中、敗戦を迎えての戦後に、どのような絵本が出版
 されたかを、多くの貴重な画像を映し出しながら、わかりやすく解説していただきます。

とき

令和元年7月6日(土曜日)午後1時~午後3時<開場 午後12時30分>

ところ

キックス(市民交流センター)3階大会議室

定員

80名(当日受付・先着順)

対象

関心のある方どなたでも(市外の方も可)

参加費

無料

講師

正置友子氏

 ★講師略歴★
  1973年に千里ニュータウンに青山台文庫創設。1994年イギリスに留学。2000年イギリスのローハンプトン大学
 よりヴィクトリア時代の絵本研究論文により博士号授与。聖和大学教授を経て、2009年絵本学研究所設立主宰。
 2017年日本で初めてのウォルター・クレイン展に関わる。
  近著:『保育の中の絵本』(かもがわ出版 2015年)、『イギリス絵本留学滞在記』(風間書房 2017年)、
 『メルロ=ポンティと<子どもと絵本>の現象学-子どもたちと絵本を読むということ-』(風間書房 2018年)、
 訳書ジェーン・ドゥーナン『絵本の絵を読む』(玉川大学出版部 2013年)。

申込方法

当日直接会場へ。

 

問い合わせ先

Tel 0721-55-7202 (河内長野 子どもと本の連絡会の浅尾さん)

主催

河内長野 子どもと本の連絡会

後援

河内長野市教育委員会

 


図書館外観

【開館時間】
 午前9時30分~午後8時
【休館日】
 毎週月曜日、年末年始
 特別整理期間(蔵書点検)

蔵書検索システム