ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
河内長野市消防本部

本文

放置ボンベ撲滅の取組み

印刷ページ表示 更新日:2019年1月18日更新
<外部リンク>

高圧ガス放置ボンベ撲滅の取組みについて

経緯

 平成25年2月、東大阪市内の事業所において、所有者不明で放置されていた高圧ガスボンベを処分しようと不適正な取扱いを行ったところ、ボンベが飛翔し付近で作業をしていた作業員の頭部に激突したことで、作業員1名が亡くなるという痛ましい事故が発生しました。
 この事故をきっかけに、高圧ガス容器の取扱いや管理の徹底を図り、同様の高圧ガス容器による事故を二度と起こさないため、本市では府内の消防本部と連携し、さらには関係団体と協働して「放置ボンベ撲滅」の取組みを行っています。

お願い

 空地等に投棄されている放置ボンベを発見したときは、 消防本部 予防課までご連絡ください。

お願いの画像1お願いの画像2

放置ボンベとは

 ※空地に投棄されている容器だけでなく、事業所内で長期間使用されずに存置されている容器も含む。

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)


火災等のお問い合わせ専用電話は
Tel:0721-53-9933

病院等のお問い合わせ専用電話は
Tel:0721-53-0119

救急安心センターおおさか

消防庁舎

お知らせ
申請・届出
よくある質問
動画・画像データ