ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
大阪府河内長野市役所 > 分類でさがす > 暮らし・環境 > 安全・安心 > 新型コロナウイルス > 市長の部屋 > 新型コロナウイルス感染症の拡大防止に向けた対応について(令和2年5月16日)
市長の部屋

本文

新型コロナウイルス感染症の拡大防止に向けた対応について(令和2年5月16日)

印刷ページ表示 更新日:2020年5月16日更新
<外部リンク>

 本市では、5月15日に第13回新型コロナウイルス関連肺炎対策本部会議を開催いたしました。

 会議では、5月14日開催の「第16回大阪府新型コロナウイルス対策本部会議」で発表された、府の基準に基づく自粛要請・解除及び対策の考え方【大阪モデル】による段階的解除の判断に準拠するため、本市が現在継続している外出自粛の要請と施設の休館について、対応方針の一部を変更することを決定いたしました。

 これにより、本市においても一部の施設を5月16日から順次開館してまいりますが、大阪府には依然として「緊急事態宣言」が発令されており、気を緩めれば第二波が来ないとも限らない状況にあります。

 引き続き、大阪モデルの警戒基準をクリアしていくためには、私たち市民が一丸となって「新しい生活様式」の実践例として示された「一人ひとりの基本的感染対策」や「日常生活を営む上での基本的生活様式」を実践していくことが必要です。

 今回の決定は、ウイルスとの共存を前提とした感染拡大の防止と社会経済活動の再開・維持との両立を図るための第一歩と考えております。

 市民のみなさんには、大変なご不便をおかけしますが、みなさんの命と健康を守り、一日でも早く普段の日常生活が取り戻せるよう、市としてもできる限りの支援や対応を全力で続けてまいりますので、引き続き、ご理解とご協力をお願いいたします。

河内長野市長 島田智明

 

 

「新しい生活様式」の実践例 (厚生労働省ホームページより)

「新しい生活様式」の実践例