ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
大阪府河内長野市役所 > 分類でさがす > 子育て・学び > 生涯学習 > 公民館 > 公民館へようこそ > 「防災体験・学習ツアー」を実施しました(三日市公民館)
公民館へようこそ

本文

「防災体験・学習ツアー」を実施しました(三日市公民館)

印刷ページ表示 更新日:2022年9月22日更新
<外部リンク>

9月21日(水曜日)、堺市総合防災センターでの「防災体験・学習ツアー」を実施しました。

今年4月にオープンした堺市総合防災センターへは、市役所からバスで向かい、12名の参加者が、「真・体験コース」を体験しました。

「真・体験」の“真”の文字には、「真に必要な知識・技術を習得してほしい」という意味が込められているということですが、震度7の地震体験や煙・暗闇の中を避難する体験、消火体験、応急救護体験など、さまざまな体験を通して、いつ起こるかわからない災害の怖さ、そしてその備えの大切さを実感しました。

コースの締めくくりには、様々な防災情報が記載されたいくつかのパネルがあり、メモを熱心にとる参加者の姿がみられました。また、床にある堺市の地図には、南海トラフ地震が発生した場合に予想される津波到達地点も記されているなどの説明をしていただき、参加者一同、とても熱心に聴き入っていました。

「防災・体験学習ツアー」の様子 「防災・体験学習ツアー」の様子

「防災・体験学習ツアー」の様子 「防災・体験学習ツアー」の様子

「防災・体験学習ツアー」の様子 「防災・体験学習ツアー」の様子

また、今回は、堺市の各避難所に5つ設置されているマンホールトイレを見学させていただき、使用方法についても詳しく説明いただきました。

「防災・体験学習ツアー」の様子 「防災・体験学習ツアー」の様子

最後に、避難所に来た場合にお渡しできるものの説明がありました。大災害の場合、初期の段階では、毛布・飲料水など必要最小限のものに限られることをお話しいただき、「「公助」には限界があるので、今回の体験をきっかけに、防災に興味をもって「自助」「共助」の意識をまわりにも広げていただけたらうれしいです。」という言葉に深くうなずく方が何人もおられました。

「防災・体験学習ツアー」の様子

講座終了後には、「次回は、家族や知り合いと来たい」というお声がたくさんありました。この講座が、防災への意識を高めるきっかけになれば何よりです。

参加者の感想(一部抜粋)

・参加できて本当によかったです。学びと体験で、「やばいぞ!準備を!」と。そして、離れて暮らす娘、息子、家族にもぜひ来てほしいと思いました。また、地域の友人たちもお誘いしたいと思いました。あれだけ体験できて無料!というのは、ありがたいです。

・なんとなく気にしていた防災知識!!参加させていただき、すぐに準備しようと思います。

・とても勉強になりました。トイレの説明を聞き、進んでいるのに驚きました。

・来てよかったと思います。他の人達にも勧めたいと思います。