ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
大阪府河内長野市役所 > 分類でさがす > 子育て・学び > 生涯学習 > 公民館 > 公民館へようこそ > 「シベリア抑留を忘れない」を実施しました。(三日市公民館)
公民館へようこそ

本文

「シベリア抑留を忘れない」を実施しました。(三日市公民館)

印刷ページ表示 更新日:2020年10月21日更新
<外部リンク>

令和2年10月18日(日曜日)午後1時30分よりシベリア抑留3年体験者の語り部荒木正則氏の講演会とDVD上映会を実施しました。参加者の感想とその時の様子をご紹介します。

参加者の感想(アンケートから抜粋)

  • 義理の父がシベリアに5年間抑留されていました。話すのが辛かったのか、ほとんどその時のことは語ってくれることはありませんでした。DVDを見て、戦車に自らぶつかっていく人の姿に恐怖を感じました。耐え難い体験をされた多くの皆さんのことを思うと、胸が痛みます。命をかけて語り部として活動されておられること、本当に感動しました。
  • 戦中生まれですので、少しは戦争のことを知っている積りでしたが、今日の荒木さんの生々しいお話をお聞きし、シベリアのむごい強制労働をDVDで見て、戦場よりひどい生活を送って、よくご無事で帰って来てくださったと思います。96歳で語り部としてご活躍されていること、心から素晴らしいと思います。これからもシベリアのむごさを伝えてください。

シベリア抑留3年体験者の語り部荒木正則氏シベリア抑留を忘れないR2.10.18

「シベリア抑留を忘れない」は、新型コロナウイルス感染症対策を実施して開催しました。