ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
公民館へようこそ

本文

公民館だより

印刷ページ表示 更新日:2018年10月11日更新
<外部リンク>

  川上公民館は、皆さまと生涯学習活動を通じて、人との繋がりを深め、学び得た知識や経験を子ども達や、これから学習を始めようとする地域の方にお伝えすることで、より活気のある地域社会になりたいと願います。本年度も様々な講座を予定しています。先ずはご参加いただき、聞いて・見て・触れてみてください。何かが始まります。一人でも多くの方に川上公民館にお越しいただけますようお待ちしています。

 また、川上公民館では、『公民館だより「かわかみ」』を毎月発行しています。川上小学校地区内で回覧もしています。

公民館だより かわかみ10月号[PDFファイル/465K

 

 

子どもお菓子講座第7回(12月9日)

12月は、クリスマスのお菓子を作りました。シフォンケーキの生地を応用して、カップケーキを作り、マロンクリームでクリスマスの飾り付けをしました。

クリスマスのお菓子1 クリスマスのお菓子2

「初期消火訓練」(12月7日)

2階会議室コンロ付近から出火したと想定して、初期消火訓練を行いました。館長から火災の際の避難の仕方や、消火器の使い方の説明を聞いて、実際に消火器を使う練習をしました。利用者さんは、「家に有るけど使ったことがないわ」と言いながら、真剣に取り組まれました。

消火訓練1 消火訓練2

「石見川こんにゃく作り」(12月6日)

採れたての新芋を使って、滋養豊かなこんにゃくを作りました。こんにゃく芋を茹でて、ミキサーで潰して、練って、成形して茹でる。混ぜ物をしない、自然豊かな昔ながらの作り方です。石見川地区で作られている、美味しいこんにゃくの作り方を教えていただき、出来立てを参加者皆さんで試食しました。

こんにゃく芋

こんにゃく作り1 こんにゃく作り2

「クリスマスリース作り」(11月30日)

リース大好きさんが集まって、生花のクリスマスリースを作られました。黄金ヒバとピラカンサの赤と緑を基調としたリースに、好みの生花を飾り付けて完成です。生花の豪華なリースが出来上がりました。霧吹きで丁寧に湿らすと、長くフレッシュに保つことができ、乾燥したらドライリースとして楽しめるそうです。

クリスマスリース1 クリスマスリースの2

 

「川上さわやかコンサート」(11月18日)

 

穏やかな秋晴れの下、川上公民館登録団体である「河内長野男声合唱団」による「川上さわやかコンサート」を開催いたしました。静かで優しいハーモニーは、心を癒してくれます。コーラスを聴くだけでなく、参加者も一緒に合唱するなど、楽しいひと時を過ごしました。紅葉を見に来られた方の飛び入り参加も含め、定員を超える51 名のご参加をいただき、大盛況でした。さわやかコンサートの1

さわやかコンサートの2

子どもお菓子講座第6回(11月11日)

今回は、お菓子作りに挑戦しました。熊本の郷土菓子である「いきなり団子」と、お馴染みの「みたらし団子」を作りました。「いきなり団子」は、小麦粉を練った生地を伸ばして、さつま芋と粒あんを包んで蒸して作る、昔ながらの素朴なお菓子です。「みたらし団子」は、お餅を小さく丸め、煮詰めた「たれ」を絡めました。美味しく出来上がりました。子どもお菓子第6回の1

いきなり団子 みたらし団子

「認知症や病気に負けない健康生活をつくる」(11月8日)

河内長野市東部地域包括支援センターから講師に来ていただき、「これからの介護予防」と題し、住み慣れた地域で健康に過ごすための4つのポイントを確認しました。

1.運動をする(高齢でも筋力アップが可能)。

2.バランスのよい食事を摂る。

3.いつまでも美味しく食べれるよう、口腔衛生に気をつける。正しい歯磨きをし、歯科で定期検診を受ける。

4.社会参加が多い人ほど、認知症になるリスクが軽減するそうです。新しい事にも果敢に挑戦しましょう。認知症講座の様子

子どもお菓子講座第5回(10月14日)

子どもお菓子講座第5回は、ハロウィン仕様のカップケーキを作りました。生地の中にかぼちゃを練り込み、チョコチップを入れてケーキを焼き上げ、その上に色付けたマシュマロフォンダンでお飾りを作りました。子どもお菓子講座第5回の1 子どもお菓子講座第5回の2

「歌声広場」(9月26日)

今回の「歌声広場」は、「秋」をテーマに集いました。台風の余波もあり、いつもより幾分ゆったり座っていただけ、その分もゆっくり楽しんでいただくことができました。

楽しいトークにお腹を抱えて笑い、懐かしい楽曲を参加者皆で大合唱しました。

「歌声広場」(9月26日)の画像

[観心寺と川上地区の歴史について](9月19日)

河内長野市教育委員会の講師が、観心寺を中心に、川上地区の歴史文化遺産-建物編-と題し、市域における川上地区、民家・文化遺産の建築様式を詳細にお話いたしました。定員を超える受講生が、本格的な歴史講座に熱心に聞き入っておられました。

[観心寺と川上地区の歴史について](9月19日)の画像1
[観心寺と川上地区の歴史について](9月19日)の画像2

子どもお菓子講座第4回(9月9日)

二学期に入り、子どもお菓子講座もグループを再編成してのスタートです。

新しいメンバーとの第一作は「レアチーズケーキ」。ちょっぴり酸味の効いた美味しいケーキを作りました。

子どもお菓子講座第4回(9月9日)の画像1
子どもお菓子講座第4回(9月9日)の画像2子どもお菓子講座第4回(9月9日)の画像3

「孫育て・子育て」(8月31日)

河内長野親学習リーダー会の方に来ていただき、祖父母として孫とどう関わるか、子どもである父母と良い関係を築きながら子育てをどう見守るかなど、様々な視点からグループトークの場を持ちました。「親」としてのあり方や「子育て」の仕方に共通する明確な答えはありません。少子化・核家族化の進む今の時代に、親が楽しみながら子育てできるよう、子育てを経験された祖父母世代、地域の大人が若い子供世代の親とどう関わればよいか、どう手伝えるかも含め、講座に参加された皆さんが意見を出し合われました。

「孫育て・子育て」(8月31日)の画像1「孫育て・子育て」(8月31日)の画像2

夏休み子ども講座「ステンドグラスで写真立てを作ろう」(7月29日)

「ステンドグラス」に挑戦しました。。

先ず、色ガラス片を選び、仕上がりをイメージしながら色組をします。次に各ガラス片の周囲に銅線の薄いフィルムテープを巻き、そのテープを錫と鉛でできたハンダ棒を電熱コテで溶かしながら接着します.

軍手をはめて、コテで火傷しないように注意しながら、どのお子さんも集中して黙々と作業をしました。

ブルー系、ピンク系、パステル系、そして無彩色に淡いブルーのポイント使い等、自分の想い描く、世界に一つしかない素敵な作品が仕上がりました。

タイトルステンドグラスステンドグラス3ステンドグラス2

夏休み子ども講座「植木鉢で作るウィンドベル」(7月29日)

台風で開講が心配されましたが、子ども達は元気に来てくれました。

作品は大小の植木鉢にアクリル絵の具で色を塗ったり、模様を付けるところから始まり、各飾りのパーツを絵付し、最後に各飾りを順に結び付けて完成です。

簡単で可愛いウィンドベルが出来上がりました。

それぞれのウィンドベル植木鉢のウィンドベル
制作の様子制作の様子2

夏休み子ども講座「籐のミニバスケット」(7月22日)

今回の籐かごは、市販のアイアンバスケットに、好きな色の籐を自由に編み込んでいく、「みだれ編み」手法を習いました。色使いや編み込み具合は、各自任せで誰にも易しくできますが、頭の中でイメージしながら凝って編むと趣深い作品になります。

夏休み子ども講座籐バスケット

AED救命救急講習会(7月22日)

河内長野市消防署から救急隊員の方に来ていただき、救命救急講習を行いました。救急車を要請してから現場到着までの平均8分の間に、救助を待つ人の傍らで命を繋ぐために、私たちができること・すべきことを学びました。救命処置の手順の説明の後、AEDの使い方を受講者全員が実習しましたが、心臓マッサージを続けるのは体力を要し、かなり大変です。身近に運よくAEDがあるとは限りません。落ち着いて(と言っても、その場に遭遇するとパニックになりますが)行動するためにも、日頃から、機会ある毎に自分のできることを考えておくのは大事だと思います。受講された方は、話を聞くだけの講習ではなく、実際にAEDを使っての講習はとても有意義であった。受講して良かったと感想を話されました。

実習の様子
実習の様子2

子どもお菓子講座第3回(7月8日)

子どもお菓子講座第3回は、爽やかにココナツミルクプリンと食パンでココナツラスクを作りました。プリンはマンゴーソースが見た目にも美しく、味にアクセントを添えてくれました。ラスクは癖になりそうな美味しさでした。

ココナツプリンココナツぷりん2ラスク作りココナツラスク2

川上公民館がきれいになりました

緑陰の中佇む川上公民館も、41年目ともなると汚れも目立ってきます。利用者さんに少しでも気持ち良くお使いいただきたいと、壁を洗いました。

館内には七夕の笹を飾っています。子どもお習字の「若草会」は短冊を小筆の練習教材にされ、句会の団体は俳句を詠まれました。7月7日まで館内に飾っていますので、川上公民館にご来館の際は一筆よろしくお願いします。

川上の壁
七夕8

ツバメの巣

川上公民館には毎年ツバメがやって来ます。今年も無事帰巣し、現在雛達が発育中です。親鳥はせっせと餌を運び、忙しそうに飛び交っています。

そして、今年はスズメバチも巣を作りました。幸い、垣根を剪定中に偶然発見し、被害が出る前に駆除できましたのでご安心ください。

蛙も鳴き出し、カタツムリものそのそ

もみじも種をつけました。自然に恵まれた川上公民館です。

ツバメの巣の画像1

ツバメの巣の画像2ツバメの巣の画像3

「椅子体操」(6月29日金曜日)

椅子に座ってするから簡単です!楽にできます!とご紹介した椅子体操でしたが、実際にやってみるとすごい運動量でした。簡単に思えても、思い通りに動かない手足にショックを受けながら、参加者は予想外の本格的で効果的な運動に満足されていました。継続は力なり。やる気さえあれば、お部屋の中で、テレビを見ながら続けられます。「来て良かったわ」の声で講座が終了しました。

いす体操
椅子体操講座の様子

子どもお菓子講座第2回(6月10日)

子どもお菓子講座第2回は、季節の和菓子「若鮎」と「カルピスのグミ」を作りました。

「若鮎」は生地を焼くところから行い、焼き上がった生地に熱したコテで顔と尾ひれを付けました。お腹に入れる求肥餅も電子レンジで簡単に手作りしました。「カルピスのグミ」は、フルーツカルピスに水飴やゼラチンを加えて、子ども達の大好きな甘~いグミを作りました。

お菓子講座
子どもお菓子若鮎
子どもお菓子グミ

「野草を知る~ミニフィールドワークと野草にまつわるお話~」(5月23日水曜日)

雨天のため、館外に出れませんでしたが、映像と講師が講座当日に公民館付近で採取した植物を解説する形態を取りました。野草と雑草の違いや学術的な話をユーモアを交え、わかり易く説明していただきました。「へぇ~知らなかった」「そうだったんだぁ」という声があちらこちらから聞こえ、参加者の皆さんは身を乗り出しての集中講座でした。

講師は植物に限らず、着目点を変えると、今までに気づかずにいたことを発見し、知らないことを知る楽しみ・学ぶ喜びがあると話されました。季節の移ろいを暦で感じるのではなく、五感で楽しみたいと結ばれました。

「野草を知る~ミニフィールドワークと野草にまつわるお話~」(5月23日水曜日)の画像1
「野草を知る~ミニフィールドワークと野草にまつわるお話~」(5月23日水曜日)の画像2

公民館見学(5月15日火曜日)

初夏を思わせる晴天の下、川上小学校の3年生46名が公民館に元気な声を運んでくれました。館長から公民館についての説明を聞き、館内を見学しました。活動中の団体さんには日本舞踊を見せてもらって、美しいお辞儀の仕方を教わりました。

公民館見学(5月15日火曜日)の画像1
公民館見学(5月15日火曜日)の画像2
公民館見学(5月15日火曜日)の画像3
美しいお辞儀の仕方を習いました。

子どもお菓子講座第1回(5月13日)

今年も定員を超える応募がありました。市内各小学校から集まった小学4年から6年生の児童が1年間協力しながらお菓子づくりを学びます。

第1回目は、「みかんのチョコプリン」と「フルーツグラノーラのチョコクッキー」を作りました。

子どもお菓子講座第1回(5月13日)の画像1
子どもお菓子講座第1回(5月13日)の画像2
子どもお菓子講座第1回(5月13日)の画像3子どもお菓子講座第1回(5月13日)の画像4

平成29年度川上公民館まつり(3月2日~4日)

 開館40周年の本年、例年にも増して、地域の皆さま、利用者の皆さまのご支援・ご協力を得て開催できましたこと厚くお礼申し上げます。作品展示・実演発表・講演・体験講座・ボランティア喫茶・受付・準備設営・片づけ等ご協力ありがとうございました。また、地元の皆さまには、喫茶に使う行者湧水や館を彩る季の花のご提供、こんにゃくの販売等ご尽力いただきありがとうございました。

記念式典40

式典3式典5

川上
作品・展示コーナー

木工クラブ
ロタン
若草会6若草会8利用者
公民館利用者の作品
グラスメア
楽々会
山波会
あじさい
赤とんぼ2
高向マジック
川上ダンス
鳴子
すみれいぶき男声

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)