ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 公民館へようこそ > 天見子ども自然とあそびの教室(活動紹介)
公民館へようこそ

本文

天見子ども自然とあそびの教室(活動紹介)

印刷ページ表示 更新日:2018年10月11日更新
<外部リンク>

この事業は、グループで遊んだり、自然と接する体験の場の少なくなっている子ども達のために、天見公民館を活動拠点として、地域の方などの協力を得ながら、天見地区の自然(山野・川)等を生かした種々の体験活動を行っています。

「子どもゆめ基金」助成事業です。

主催:「天見子ども自然とあそび教室」実行委員会 NPO法人ナック(Nac)

協賛:河内長野ガス株式会社

第4回「川あそびと魚つり」の様子(9月16日)

平成30年度「天見子ども自然とあそびの教室」第4回目が実施されました。晴天に恵まれ、子どもたちは「川あそびと魚つり」を楽しみました。7名の保護者の方にもアシスタントとしてお手伝いしていただきました。予想外に暑い日になったので川あそびにも最適な日になりました。

第3回「竹を切って遊び道具を作ろう」の様子(7月15日)

平成30年度「天見子ども自然とあそびの教室」第3回目が実施されました。3回目ともなると、こどもたちも自然と慣れ親しむようになってきました。今回は、天見ならではの自然体験の一つとして、近くの宮山で竹を切り、穴を空け遊び道具を作りました。のこぎりで竹を切るのも初めて、錐(キリ)で穴を空けるのも初めてのようでしたが、子どもたちは楽しく参加していました。集中しているときの子どもたちの顔つきは、まさに真剣そのものでした。

第2回「ネイチャーゲーム」の様子(6月17日)

平成30年度「天見子ども自然とあそびの教室」第2回目が実施されました。それぞれが電車に乗って、駅で待っているスタッフの方々と一緒に公民館に集合しました。仲間と共に各班に分かれて、リーダーの皆さんの案内で近くの宮山へ登り、ネイチャーゲームをして楽しいひと時を過ごしていました。。自然の中で遊んだり体験した後、今日のふりかえりをして、解散しました。2回目ともなれば、みんな元気いっぱいでした。

第1回「野や山の宝探し」下岩瀬の村内の寺・里を散策の様子(5月20日)

平成30年度「天見子ども自然とあそびの教室」が始まりました。公民館で受付を済ませ、学年も男女も様々な初めて会った仲間と共に各班に分かれて、リーダーの皆さんの案内で近くの宮山へ登り、開会式を行いました。開会式の後、下岩瀬地区の里山に向かって出発しました。子どもたちは草花や生き物を探したり、観察したり、ドキドキしながら触ってみたりしました。自然の中で遊んだり体験した後、今日のふりかえりをして、解散しました。初め不安そうにしていた子どもたちも帰るころには元気いっぱいでした。

当日の詳しい活動内容は、下のNAC(NPO法人ナック)のホームページ、『天見子ども自然とあそびの教室』よりご覧いただけます。