ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
大阪府河内長野市役所 > 河内長野市議会 > 質問者 中村 貴子(議席番号:10)
河内長野市議会

本文

質問者 中村 貴子(議席番号:10)

印刷ページ表示 更新日:2021年3月3日更新
<外部リンク>

(5) 質問者議員 中 村 貴 子

 

件名1 新型コロナウイルスワクチン接種体制について。いよいよワクチン接種がスタートする。希望する市民の皆さまへのワクチン接種は本市にとって最重要事業である。担当課においては様々な準備を進めておられると思うが確認の意味で再度お聞きしたい。

要旨1 接種会場に行くことが難しい重度障がい児者や寝たきりの高齢者等、配慮を要する方々への対応は。

要旨2 接種会場に来られた障がい児者や高齢者のため、会場のバリアフリー化や手話通訳者、要約筆記者の配置が必要と考えるがどうか。

要旨3 住民票は本市にあるが、市外に在住している学生や単身赴任の方々等、コロナ禍で本市の接種会場に来ることができない方々への対策は。

要旨4 本市に在住する外国人への配慮として、郵送するワクチン接種券や接種時に記入する予診票の多言語化を。

 

件名2 子育て環境の充実を。

要旨1 不妊治療の保険適用が令和4年からスタートする。待ち望んだ制度である。保険適用までの期間、国は所得制限撤廃や助成額を倍額にするなど現行制度を大幅に拡充する形で対応するが、保険適用が開始される令和4年度以降、現行の本市独自の助成制度は継続すべきと考えるが見解を問う。

要旨2 子ども医療費の助成対象年齢を18歳までに拡充する近隣市が増えている。切れ目のない子育て支援策として本市も拡充する時期だと考えるがどうか。

 

件名3 若年性認知症対策について。

要旨1 仕事を持っている65歳未満の方が若年性認知症を発症し、ご本人に仕事を続ける意志がある場合、目的地への移動の保障が鍵となる。ご本人の社会参加の維持のため通勤支援サービスを導入すべきと考えるがどうか。