ナビゲーションを飛ばして本文へ

現在の位置

衆議院議員総選挙及び最高裁判所裁判官国民審査のお知らせ

 衆議院解散に伴う第48回衆議院議員総選挙と最高裁判所裁判官国民審査が、10月10日公示、10月22日(日曜日)投票で行われることになりました。投票時間は午前7時から午後8時までです。

河内長野市で投票できる方

 平成11年10月23日までに生まれた日本国民で、平成29年7月9日までに河内長野市に転入届出(住民登録)をし、引き続き3か月以上住民基本台帳に記録のある方。

河内長野市内で住所を移した方

 本年9月25日以前に市内転居の届出をした方は新住所地の投票所で、9月26日以降に市内転居の届出をした方は前住所地の投票所で投票してください。

転入した方 

 本年7月10日以降に本市に転入届出をした方で、前住所地の選挙人名簿に登録されている方は、前住所地で投票できます(登録されているかどうかわからない場合は前住所地の選挙管理委員会にお問い合わせください。)。

転出した方

 次の1、2、3のすべてに該当する方は本市で投票できます。
1.新住所地の選挙人名簿に登録されなかった方

2.本年10月9日までのいずれかの時点で本市の住民基本台帳に引き続き3か月以上記録されている方

3.投票の時点で転出後4か月以内の方

投票の方法

入場整理券を郵送

 投票所入場整理券は、世帯全員の分をまとめて1通の封書で世帯主あてにお送りします。封筒のミシン目に沿って開封し、投票日には、自分の分の入場整理券の誕生日欄にご記入のうえ、入場整理券に記載されている投票所へお持ちください。

 また、投票日近くになっても、入場整理券が手元に届かない場合や疑問な点がありましたら、早めに選挙管理委員会へお問い合わせください。

 なお、この入場整理券は、投票場所等をお知らせし、受付を円滑に行うためお送りするものです。したがって、紛失等の事情によりお持ちでない場合でも、選挙人名簿に登録されていれば投票できますので、投票所で申し出てください。

 投票所の場所等は、下記をご覧ください。 

投票はこのように

 投票所では、まず「小選挙区選出議員選挙」の投票を、次に「比例代表選出議員選挙」と「最高裁判所裁判官国民審査」の投票をしていただきます。

 小選挙区選出議員選挙の投票は、投票用紙に候補者1名の氏名を、比例代表選出議員選挙の投票は投票用紙に政党名一つをはっきりと書いて、それぞれ「選挙区」、「比例代表」の投票箱に入れてください。

 氏名や政党名以外に余分なことを書くと、無効になりますので注意してください。

 最高裁判所裁判官国民審査は投票用紙にすでに審査に付される裁判官の氏名が印刷されていますので、やめさせたい裁判官の氏名の上の欄に×印をつけて、「最高裁」の投票箱に入れてください。やめさせなくてもよい場合は、何も記入しないで、そのまま投票箱に入れてください。また、投票したくない場合は、用紙を受け取らないでください。。

点字投票・代理投票

 目の不自由な方は、「点字投票」ができます。また、心身の障がいなどにより自分で投票用紙に候補者の氏名を書くことができない場合は、「代理投票」の制度があります。いずれもご本人が投票所へお越しのうえ、係員に申し出てください。
 なお、投票日に投票所での手話通訳が必要な方は事前に申し出てください。

選挙公報を配布

 候補者の政見などを記載した選挙公報を、投票日の前々日までに、宅配業者を通じて配布します。もし届かない場合は申し出てください。

 なお、視覚に障がいのある方で選挙公報の点字版や朗読テープをご希望の方は申し出てください。

 また、公示日以降に、下記の大阪府選挙管理委員会のホームページに、選挙公報等が掲載される予定です。

開票は即日

 開票は、投票日の午後9時30分から大師町の市民総合体育館で行います。このため、当日は同体育館(トレーニング室、卓球場等)の一般利用は午前中のみで、午後からの利用はできません。

期日前投票・不在者投票

 投票日当日、仕事や旅行、転出などの理由により、投票所に行けない方は、期日前投票や不在者投票ができます。

期日前投票

 期日前投票のできる期間は、公示日の翌日(10月11日)から投票日の前日(10月21日)までです。(今回から最高裁判所裁判官国民審査と衆議院議員総選挙の期間が同じになりました。)この期間中は、午前8時30分から午後8時までの間に、市役所8階802会議室に本人が出向いて期日前投票をすることができます。投票所入場整理券の裏面の宣誓書にあらかじめご記入のうえお持ちください。(宣誓書は期日前投票所入口にも備え付けています。)  

  なお、投票所入場整理券が届いていなかったり、紛失された場合でも、選挙人名簿に登録されていて選挙権があれば投票できます。

 

滞在先・転出先での不在者投票

 「不在者投票宣誓書・請求書」(下記注参照)に記載のうえ、河内長野市選挙管理委員会あてに郵送してください。投票用紙などを送りますので、滞在先、転出先の市区町村の選挙管理委員会で投票してください。(投票期間及び時間は上記期日前投票と同じ)

 なお、この場合、郵送などに日数がかかりますので、早めに申し出てください。

(注)「不在者投票宣誓書・請求書」は、国内の市区町村の選挙管理委員会で入手されるか、下記のPDFファイルをダウンロードしたものを、A4普通紙にプリントアウトしてご利用ください。

指定施設での不在者投票

 不在者投票指定施設に入院・入所されている方は、その施設内で不在者投票をすることができます。指定施設かどうか確かめて早めに施設の長に申し出てください。市内では、大阪南医療センター、滝谷病院、岡記念病院、寺元記念病院、沢田病院、青山第二病院、てらもと医療リハビリ病院、老寿サナトリウム、ふれあいの丘、寿里苑、みなと寮、てらもと総合福祉センター、老人保健施設あかしあ、オーパス、泰昌園、希望の丘、生登福祉ケアセンター、寿里苑フェリス、チャーム河内長野、コープアイメゾン河内長野、美加の台生登福祉ケアセンター、てらもとショートステイセンター、寿里苑フルール、さくらの杜千代田、スリーハートの丘が指定施設になっています。

 

郵便等による不在者投票

 身体障がい者手帳、戦傷病者手帳、または介護保険の被保険者証をお持ちの方で、下記の要件に該当する方は、自宅などで投票をする「郵便等による不在者投票」の方法があります。あらかじめ「郵便等投票証明書」の交付を受けておいてください。投票用紙などの請求は、市選挙管理委員会に備えてある請求書に本人が署名し、「郵便等投票証明書」を添えて10月18日(水曜日)午後5時までに請求してください。

郵便等による不在者投票のできる方

身体障がい者手帳に次のいずれかが記載されている方

・両下肢、体幹、移動機能の障がいの程度が1級または2級

・心臓、じん臓、呼吸器、ぼうこう、直腸、小腸の障がいの程度が1級または3級

・免疫、肝臓の障がいの程度が1級から3級まで

 

 
戦傷病者手帳に次のいずれかが記載がされている方

・両下肢、体幹の障がいの程度が特別項症から第2項症まで

・心臓、じん臓、呼吸器、ぼうこう、直腸、小腸、肝臓の障がいの程度が特別項症から第3項症まで

・介護保険の被保険者証に要介護状態区分が「要介護5」と記載されている方

 

代理記載制度

 上記「郵便等による不在者投票ができる方」のうち、下記の要件に該当する方は、あらかじめ届け出た代理人によって投票の記載をしてもらうことができる「代理記載制度」があります。代理記載を希望される方は早めに手続きしてください。

身体障がい者手帳に次の記載がされている方

・上肢、視覚の障がいの程度が1級

 

戦傷病者手帳に次の記載がされている方

・上肢、視覚の障がいの程度が特別項症から第2項症まで

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記のボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。
Clip to Evernote このエントリーをはてなブックマークに追加

「ツイート」や「いいね!」ボタンの説明は「ソーシャルプラグインについて」をご覧ください。

お問合わせ先

このページに掲載されている情報の発信元

選挙管理委員会事務局
〒586-8501
大阪府河内長野市原町一丁目1番1号 (市役所7階)
電話:0721-53-1111
E-mail:senkan@city.kawachinagano.lg.jp
フォームでのお問合せ(よりセキュリティの高い通信方法)はこちら

よくあるご質問

ページの先頭へ