ナビゲーションを飛ばして本文へ

現在の位置

川や溝に灯油など どんな油も捨てないで!

~近年冬場に浄水場水源の河川に油が流出し、浄水場の運転を停止する事態が頻発しています~

 今年度は、11月下旬から河川に油の流入がたびたび確認されています。

 河川に流出した油は浄水場で取り除くことはできませんので、水源河川で油分を確認した時は浄水場の運転を急遽停止し、不足する水道水は大阪広域水道企業団から購入して対応しています。万が一、油が浄水場に流入した場合は場内施設をすべて洗浄しなければならなくなり、長期にわたって浄水場運転に支障がでる場合もあります。安全な水道水を供給するために、水源保護の重要性をご理解頂き、河川や溝に絶対に油を捨てないようにご協力をお願いします。

 

油の主な流出原因

・灯油やエンジンオイルの投棄

・野外保管している灯油タンクなどの整備不良による漏出

・食用油の投棄や台所からの流出

・事業所などからの機械油の流出

 特に灯油は蒸発しにくく、道路側溝などを通って離れた河川まで流出する場合があります。使用しない灯油などはガソリンスタンドなどで相談の上、適切な処分をお願いします。

 

Clip to Evernote このエントリーをはてなブックマークに追加

「ツイート」や「いいね!」ボタンの説明は「ソーシャルプラグインについて」をご覧ください。

お問合わせ先

このページに掲載されている情報の発信元

上下水道部 水道課
〒586-8501
大阪府河内長野市原町一丁目1番1号 (市役所6階)
電話:0721-53-1111
E-mail:suidou@city.kawachinagano.lg.jp
フォームでのお問合せ(よりセキュリティの高い通信方法)はこちら

ページの先頭へ