トップ > 更新情報 >  ルールを守って楽しい花火


    

ルールを守って楽しい花火

   

 花火のシーズンを迎え、子どもたちにとって楽しみな季節となりました。しかし 、楽しい花火遊びも、使い方を誤ると大きな事故や火災になる危険性があります。事故や火災を起こさないために次の11個の約束を守ってください。

 

@

 遊び方を守る

花火遊びにもルールがあります。中には絶対に手に持って使用してはいけない花火もあります。
遊ぶ前に、花火に書いてある説明や、同封の注意書をよく読み、使用方法を守りましょう。

A

 花火を人や家に向けない

花火の先が人や家、燃えやすいものに向けないように、方向や場所に注意しましょう。

また、衣類に火がつかないように注意しましょう。

B

 手持ち花火は、正しい位置で持つ
手持ち花火は、筒先を握らず、筒の真ん中より少し下を持ち、体から離して使いましょう。   

C

 風の強い時は中止する

風の強いときは花火遊びをやめましょう。
風の弱いときでも、点火の際には体を風上にして、風下の人が火の粉をかぶらないよう、風の方向に注意しましょう。

D

 消火のための水を用意しておく
使い終わった花火や途中で消えた花火は用意した水につけ、完全に消火しましょう。

E

 大人と一緒に遊ぶ

花火をする際には必ず大人が付き添い、使用方法を誤らないように見守りましょう。また、火の後始末の方法も指導しましょう。

F

 一度にたくさんの花火に火をつけない

1本ずつ火をつければ安全な花火であっても、数本まとめて火をつけると熱が熱を呼んで加速度的に燃焼が早くなり、大きな炎となって大変危険です。
花火は1本ずつ遊びましょう。

G

 正しい位置に正しい方法で点火する

点火の位置は種類や形状によって異なります。
それぞれの取り扱いの説明をよく読んで、点火の方法を確かめ、ローソク又は線香で点火しましょう。
マッチやライター、花火などで点火をしてはいけません!

H

 花火をのぞかない

途中で火が消えても筒をのぞいてはいけません。

また、点火する時も筒先に顔や手を出さないこと。

I

 花火をポケットに入れない。

転んでしりもちをついたり、ぶつかったりしたはずみで火がついて、大やけどをすることがある。思いがけない事故につながるので、花火はポケットに入れないこと

J

 花火をほぐさない

花火を分解したり、火薬をあつめたり、ちがう種類のものをまぜたりするのは、とっても危険です。絶対にしないこと。特に、おもちゃのピストル用の火薬には、爆発しやすい火薬が使われているので、気をつけましょう。

 

最後に・・・

花火遊びが終わったら、

 花火のごみは必ず持ち帰りましょう。     

                                           

 お問い合わせ 

  河内長野市消防本部 予防課(庁舎4階)

  〒586− 0094 

  河内長野市 小山田町1663番地の3

  電 話 0721−53−3699

  FAX 0721−55−1199

                                    

BACK