トップ > 更新情報 >  高圧ガス放置ボンベ撲滅の取組みについて


高圧ガス放置ボンベ撲滅の取組みについて

 

  ◎経緯

   平成25年2月、東大阪市内の事業所において、所有者不明で放置されていた高圧ガスボンベ

  を処分しようと不適正な取扱いを行ったところ、ボンベが飛翔し付近で作業をしていた作業員の頭

  部に激突したことで、作業員1名が亡くなるという痛ましい事故が発生しました。

 

    この事故をきっかけに、高圧ガス容器の取扱いや管理の徹底を図り、同様の高圧ガス容器によ

  る事故を二度と起こさないため、本市では府内の消防本部と連携し、さらには関係団体と協働して

  「放置ボンベ撲滅」の取組みを行っています。                           

 

 お願い                                                                                                            
      空地等に投棄されている放置ボンベを発見したときは、 消防本部 予防課までご連絡ください。
 

                                                     

放置ボンベとは
   
※ 空地に投棄されている容器だけでなく、事業所内で長期間使用されずに存置されている
        容器も含む。

 

    一般市民向けリーフレット

    消費事業者向けリーフレット

    高圧ガス販売事業者向けリーフレット   

     

 お問い合わせ 

  河内長野市消防本部 予防課 危険物保安係(庁舎4階)

  〒586− 0094 

   河内長野市 小山田町1663番地の3

   電話 0721−53− 3699

   FAX 0721−55− 1199

                                    

BACK