トップ > 更新情報 > 第60回文化財防火運動の実施しました


第60回文化財防火運動を実施しました

           

 

 本市にある、数多くの文化財を火災、震災、その他の災害から守るため、文化財防火デーを中心と

 

して文化財防火運動を展開しました。

 

 

@ 平成26年1月23日(木)喜多町305番地「烏帽子形八

 

  幡神社」 において、消防署、消防団、烏帽子形八幡神社

 

  係者が合同で通報、消火、重要物件の搬出、避難誘導

 

  等の総合訓練を施しました。

 

 

A 市内の重要文化財建造物に対し、特別検査を実施しま

 

  した。

 

 

 

 

●  総  合  訓  練

     

火元から非常持ち出しを搬送する神社関係者 火元想定場所へ初期消火を行う神社関係者

     

ホース延長を行う消防署・消防団  緑の防火服が消防団員です。)       

  

        放水活動を行う 消防隊、消防団員、神社関係者(緑の防火服が消防団員です。)

   

          訓練後の講評を行う北大宅消防団長

訓練後の講評を行う谷川宮司

 

  訓練を通し、神社の関係者は、「これからも火災を起こさないように注意するとともに、大切な文化

財を消防署や地元消防団、地元住民のみなさんとの協力関係を強化し、末永く文化財を守っていき

たい」と話されていました。

 

 

●  特  別  検  査

   

↑ 特 別 検 査 に 向 か う 検 査 員。

   

↑ 消防用設備等について配置状況を確認する検査員。

       

       

○特別検査実施日

   平成26年1月20日(月)〜1月23日(木)

○検査結果

   @不備欠陥事項が認められなかった対象物・・・・・・・・・・1

   A不備欠陥事項が認められた対象物・・・・・・・・・・・・・・12
    ※内、改善計画書の提出を通知した対象物・・・・・・・・・0

   B自主検査実施結果報告書により報告された対象物・・・1

 

○不備欠陥事項の内訳

   @消防訓練未実施・・・・・・・・・・・9

   A「禁煙」等の標識未設置等・・・12

   B消防用設備等未設置・・・・・・・1(自動火災報知設備/5棟未設置)

   C消防用設備等の不良・・・・・・・3(消火器)(屋外消火栓)(自動火災報知設備)

 

 今後も、定期に特別検査を行い市民共有の貴重な財産である文化財建造物を火災等の災害から

守るため、不備欠陥事項について早期に改善し、文化財の所有者、管理者その他の関係者と連携

を密に行い、文化財愛護に関する意識の高揚と防火・防災対策の強化を図ります。

                                             


BACK