トップ > 更新情報 > 住宅用火災警報器を設置したあとは?


住宅用火災警報器を設置したあとは?

 

警報が鳴ったときは

 警報器の鳴っている付近で、実際に火災がおきているか、すぐに確認します。

 ■火災のとき!!

  大声で周りに火災を知らせ、119番通報をしましょう。

可能なら消火を行なって下さい。

  消火が難しそうな場合は、速やかに避難して下さい。

 ※炎が天井に達すると、消火は困難です。

 ■火災でないとき

  火災以外の湯気や煙などを感知して警報が鳴った時は、警報音停止ボタンを押す、ひもがついているタイプのものはひもを引く、もしくは、室内の換気をすると警報音は止まり、通常の状態に戻ります。

 ※あとで、家族や近隣の人に火災でなかったことを知らせましょう。

 

 注)煙霧式の殺虫剤を使用する際は、警報器を取り外すか、ビニール袋で覆って下さい。なお、殺虫剤使用後は必ず警報器を元の状態に戻し、正常に作動するか点検を行なって下さい。

 

日ごろの点検方法は

 警報器が適切に機能するためには維持管理が重要です。「いざ」というときに警報器がきちんと働くよう、日頃から点検とお手入れをしておきましょう。

 ■お手入れをしましょう

  警報器にホコリなどが付くと、火災を感知しにくくなります。最低限1年に1回程度は、乾いた布などで拭き取りましょう。

 ■作動点検をしましょう

 警報器本体から下がっているひもを引く、あるいはボタンを押すなどにより、最低限1年に1回程度、また数日間留守にされたときには作動点検をしましょう。

※メーカーや機種によって点検方法が異なることがありますので、取扱説明書で確認してから点検してください。

 

交換の時期について

■電池切れかな?

電池式の警報器は、電池が切れそうになると、音や光で知らせてくれるので、速やかに新しい電池に交換して下さい。

※電池寿命はメーカー、機種によって異なります。詳しくは取扱説明書で確認してください。なお、機種の多くは、電池寿命が10年(通常の使用状態)です。

 ■警報器本体の寿命は・・・

警報器本体も、センサー等の寿命により交換が必要になります。本体に「自動試験機能付」の文字か「有効期限」のいずれかが表示されています。

 ≪自動試験機能付のタイプ≫

   表示された交換期限または機能の異常警報が出た時には本体ごと交換して下さい。

 ≪自動試験機能の付いていないタイプ≫

   警報器本体に交換期限が表示されているので、表示された交換期限になれば本体ごと交換して下さい。

 

 ▲ページトップへ

 お問い合わせ 

  河内長野市消防本部 予防課 (庁舎4階)

  〒586− 0094 

   河内長野市 小山田町1663番地の3

   電話 0721−53− 3699

   FAX 0721−55− 1199


BACK