トップ > 更新情報 > ガソリン等の運搬・貯蔵及び取り扱いにご注意ください!!


ガソリン等の運搬・貯蔵及び取り扱いにご注意ください!!

 東北地方太平洋沖地震の被害は甚大で、被災地におけるガソリン・軽油及び灯油等の燃料が不足しています。政府においても、ガソリン等の燃料の迅速な運搬及び移送に努めており、被災地及び被災地支援地域におけるガソリン等の取り扱いについても安全性には十分配慮した上で、実態に即した柔軟な運用に努めているところです。

 一方、ガソリン等の燃料は、引火点が低く火災危険性が極めて高いことから、その取り扱いを誤ると容易に火災に至ることから、自家用車でガソリン等の燃料を運搬又は取り扱う場合は、下記の内容を十分留意し細心の注意を払うようにして下さい。

 

 

正しい知識で、安全に使う5つのポイント!!

                                                                        

  

灯油ポリ缶を正しい知識で、安全に使う5つのポイント!!

   


BACK