トップ > 更新情報 > 山間部での消防・救急活動にご協力を


山間部での消防・救急活動にご協力を

 

 河内長野市消防本部・河内長野市防火協会は、平成28年4月29日から5月1日の3日間、市内の金剛・岩湧山系における山間部のハイキングコースでの山林パトロールを行い、林道及びハイキング道の点検を行うとともに、山林防火標語看板30枚を取り付けました。さらに、ハイキングを楽しむ人々に防火普及啓発品(救急ばんそうこう)等の配布を行い、山火事防止を呼びかけました。

 この看板には、1枚ずつ特定の番号が付与されており、災害発生時、この番号を聴取すれば通報者の位置が分かるようになっており、GPSまたはNコードを利用した通報も可能であるため、山間部で速やかに災害発生場所を特定できるとともに、迅速な災害活動が行えることが期待できます。

 また、この看板は幅200×高さ300×厚さ25mmの木製で、シュロ縄を使用して取り付けるため、環境に優しい素材となっています。

 山間部で事故や火災などを発見し通報される場合は、この番号(記入例 T−20、D−18、H−50など)もあわせてお知らせください。GPSまたはNコードを利用した通報も可能です。速やかな消防・救急・救助活動にみなさんのご協力をお願いします。

 

  お問い合わせ 

  河内長野市消防署 警備課警備係(庁舎3階)

  〒586−0094

  河内長野市小山田町1663番地の3

  電話 0721−53−5681



BACK