トップ > 位置情報通知システム


位置情報通知システム

 

 河内長野市消防本部では、平成20年9月からIP電話や携帯電話からの119番通報を受信した際に電話をかけている場所を特定できる「位置情報通知システム」の運用を開始しています。

 これまで、通報と同時に通報場所が確定できた一般加入電話と異なり、IP電話や携帯電話での通報は口頭での住所確認に時間を要していました。このシステムの導入により、現場へのより速やかな到着を目指します。

 

 システムの特徴

 IP電話や携帯電話をお持ちの方から119番通報された場合には、音声と同時に発信している位置情報

 が指令台で取得することができます。

 携帯電話からの位置情報の精度は、携帯電話の機能や、その他の条件により通知される位置に誤差が

 生じますが、第3世代以降のGPS機能搭載機種の場合は、より精度の高い位置情報が通知されます。

 119番の通報時に「184」をつけて発信した場合には、発信番号や位置情報が非通知であっても、生命 

 及び身体に危険があると判断した場合には、位置情報を取得することができます。ただし、位置表示が正し

 く通知されない場合やある程度の誤差もある事から、従前とおり住所、目標等を口頭で確認させていた

 だきます

 

 通報要領

 他市の消防本部へ電話がつながることがありますので、災害発生場所の正確な市町村名を通報し

 てください。

 消防本部から不明な点などを再度問い合わせる場合がありますので、携帯電話の電源は切らない

 でください。

 自動車等の運転中の通報は、非常に危険ですので、安全な場所に停車してから通報してくださ

 い。

 

消防庁ホームページ

http://www.fdma.go.jp/neuter/topics/jouhou/190126unyou.html

 

 お問い合わせ 

  河内長野市消防本部 指令管制室(庁舎4階)

  〒586−0094 

  河内長野市小山田町1663番地の3

  電話 0721−53−0119(代表)


BACK