トップ > 更新情報 > 住宅用火災警報器の設置が義務付けられました 

              > 住宅用火災警報器設置場所判定プログラム


住宅用火災警報器設置場所判定プログラム

(京都市消防局提供)

 

 このプログラムを使用することにより、ご家庭での住宅火災警報器の設置場所が簡単に判定できます。

 

 

ご使用方法

1.『判定プログラムのダウンロード』をクリックしてください。
2.ファイルのダウンロードの画面が開きますので、プログラムを任意の場所へ保存してください。
3.保存したプログラムを開いてください。
4.お名前を入力し、『O.K.』を押してください。
5.お住まいの住宅の階数を入力してください。
6.各階の部屋数を入力し、『実行』を押してください。
7.表示された部屋をクリックし、「寝室」、「子供寝室」、「台所」、「居間」のいずれかの部屋の種類を入力してください。
8.「判定」ボタンを押すと住宅用火災警報器の設置が必要な場所が○(赤丸)で表示されます。なお、○(青丸)で表示された場所は、住宅用火災警報器の設置が望ましい場所です。(義務設置場所では、ありません)
9.画面右下の「印刷」ボタンを押すと通常使用するプリンタに設定されているプリンタで印刷されます。

【注意】

1.用紙は、A4横で設定してください。

2.義務設置場所と設置が望ましい場所を○印の色で区別していますので、カラー印  刷設定をしてください。

 

ご注意

1.本プログラムは京都市消防局よりご提供いただいたものです。
 (著作権は京都市消防局に属します。) 
2.本プログラムは、Microsoft Windows98、2000、XP上で動作確認済みです。

 動作確認には万全を期しておりますが、ご利用による損害については一切の責任を負いかねますのでご了承ください。

3.本プログラムを営利目的等で使用することは、固くお断りいたします。
4.本プログラムの変更及び加工等は、固くお断りいたします。

 

  問い合わせ 消防総務室予防課(рO721−53−1111)


BACK