ご存知ですか?「防火対象物使用開始届出書」

 

「防火対象物使用開始届出書」は、防火対象物(建物等)の使用開始前に消防機関が立入検査等を行い、当該防火対象物が消防法令等に定める基準に適合しているか審査、指導する契機とするものです。

 

 建物や建物の一部をこれから使用し始める等、次に掲げる場合は、建物を使用しようとする者(所有者、賃貸人等)は、使用する七日前までに消防長に「防火対象物使用開始届出書」を届け出なければいけません。(河内長野市火災予防条例 第四十三条 第一項)

【届出を必要とする場合】

    建物や建物の一部を新たに使用し始める場合(工事を伴わない場合も含む)

    間仕切や内装等を変更する場合

    使用形態を変える場合(事務所→飲食店、住宅→物販店舗 等)

 

なお、建物の工事や使用形態を変更した場合、消防用設備等(消火器、自動火災報知設備等)を新たに設置しなければならない場合がありますので、計画段階で、消防本部予防課へ相談して下さい。

 

問い合せ先 

 河内長野市消防本部 

消防総務室 予防課 

電話0721〜53〜1111(内線636)

 

 

戻る