ナビゲーションを飛ばして本文へ

現在の位置

伐採届

森林の伐採には伐採届が必要です。

 森林の立木を伐採するためには、森林法第10条の8の規定に基づき、事前に伐採届を市に提出する必要があります。

 伐採届は、大阪府の定める地域森林計画の対象となっている森林が対象になります。

◎地域森林計画は市内のほとんどの森林、平地林が含まれて居ますが、一部例外もあります。農林課窓口にて図面による確認が可能ですのでご確認ください。

 

 ただし、1ヘクタールを越える面積を伐採しその用地を変更(公園や、農耕地等)する場合には、林地開発行為に当たるため、大阪府へ申請し許可を受ける必要があります。また、保安林に指定されている場合など、伐採する場所によっては、他の法律や制度の規制を受ける場合があります。

 

なぜ伐採届が必要なのか

 森林は、国土の保全、水資源のかん養、地球温暖化の防止等の多面的機能を有しており、それらは森林所有者に限らず私たちの生活と密接に結びついています。一度でも機能低下をもたらす無秩序な伐採が行われると、山崩れ等の土砂災害の誘因ともなり、機能の回復に非常に長い年月と、多大な経費が必要になります。

 このため、森林法では立木の伐採に対し届出を義務付けることで、森林所有者の責務を明確にしているのです。

提出方法について

・届出が必要な方

  森林所有者、もしくは立木を買い受ける方。

・伐採届の提出期間

  伐採を行う90日前から30日前までの期間。

・届出用紙

  農林課窓口にてお渡しさせていただきます。また、本ページからダウンロードする事も可能です。

・添付書類

  伐採届には次の添付書類が必要です。

    ・伐採する場所の位置図

    ・伐採する土地の面積がわかるもの

    ・森林所有者を確認できる書類(土地登記簿謄本等)

    ・伐採に関して権原を有することが確認できる書類(同意書等)

     ※届出人が森林所有者と異なる場合

    ・土地利用計画図(伐採跡地が森林以外の用途に供されることとなる場合)

 

伐採届のダウンロード

伐採及び伐採後の造林に係る森林の状況報告書の提出について

 森林法の改正により、平成29年4月より伐採及び伐採後の造林に係る森林の状況報告が必要になりました。

〇報告が必要な場合と報告のタイミング

 ・主伐後、造林もしくは天然更新を行った場合、造林後30日以内に報告書を提出

 ・皆伐後、森林以外に用途を変更する場合、皆伐後30日以内に報告書を提出

〇報告が必要ない場合

 ・主伐ではなく、間伐を行った場合

 

〇提出用紙

 農林課窓口にてお渡しさせていただきます。また、本ページからダウンロードする事も可能です。

 

無届で伐採をすると・・・

 伐採届を提出せずに無届で伐採をすると、違反行為とみなされ、行政指導、命令処分が課せられる事があります。

 詳細は、農林課にてお尋ねください。

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記のボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。
Clip to Evernote このエントリーをはてなブックマークに追加

「ツイート」や「いいね!」ボタンの説明は「ソーシャルプラグインについて」をご覧ください。

お問合わせ先

このページに掲載されている情報の発信元

環境経済部 農林課
〒586-8501
大阪府河内長野市原町一丁目1番1号 (市役所4階)
電話:0721-53-1111
E-mail:nourin@city.kawachinagano.lg.jp
フォームでのお問合せ(よりセキュリティの高い通信方法)はこちら

よくあるご質問

ページの先頭へ