ナビゲーションを飛ばして本文へ

現在の位置

【国民健康保険】いったん全額自己負担したとき

国保の窓口へ申請し、審査で決定すれば、自己負担分を除いた額が払い戻されます。

  • 急病などでやむを得ず保険証を持たずに治療を受けたとき
  • コルセットなどの補装具代がかかったとき(注1)
  • 骨折やねんざなどで国保を扱っていない柔道整復師の施術を受けたとき
  • 手術などで輸血に用いた生血代(第三者に限る)(注1)
  • はり・灸・マッサージなどの施術を受けたとき(注1)
  • 一時的な海外渡航中にお医者さんにかかったとき(治療目的の渡航は除く)(注2)

(注1)医師が治療上必要と認めた場合に限る。

(注2)日本国内の基準により審査します。現地医師等の詳細な証明書が必要ですので、書式等について渡航前に必ずお問い合わせください。

療養費申請書 (PDF:103.1KB)

療養費支給申請に必要なもの

1.治療用装具(コルセットなど)を作ったとき

 

  • 被保険者証
  • 印かん(朱肉の使えるもの)
  • 医師の意見書・装具装着証明書
  • 領収書
  • 振込先の口座番号(世帯主名義のもの)

 

2.被保険者証を持参しなかったときや、国保を取り扱っていない病院などで受診したとき

 

  • 被保険者証
  • 印かん(朱肉の使えるもの)
  • 診療証明書(下記のPDFファイルを印刷してご使用下さい)
  • 領収書
  • 振込先の口座番号(世帯主名義のもの) 

 

3.一時的な海外渡航中にお医者さんにかかったとき(治療目的の渡航は除く)

  ※必ず治療を受けた方が帰国してから申請してください。

  • 治療を受けた人のパスポート(治療を受けた時に海外渡航中であったことが確認できること)
  • 被保険者証
  • 印かん(朱肉の使えるもの)
  • 診療内容明細書(日本語訳も添付のこと※翻訳者を明記すること)
  • 領収明細書(日本語訳も添付のこと※翻訳者を明記すること)
  • 振込先の口座番号(世帯主名義のもの)
「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記のボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。
Clip to Evernote このエントリーをはてなブックマークに追加

「ツイート」や「いいね!」ボタンの説明は「ソーシャルプラグインについて」をご覧ください。

お問合わせ先

このページに掲載されている情報の発信元

保健福祉部 保険年金課
〒586-8501
大阪府河内長野市原町一丁目1番1号 (市役所1階)
電話:0721-53-1111
E-mail:hokennenkin@city.kawachinagano.lg.jp
フォームでのお問合せ(よりセキュリティの高い通信方法)はこちら

ページの先頭へ