ナビゲーションを飛ばして本文へ

現在の位置

八幡神社のイチョウの大木

流谷・下天見地区にある八幡神社の境内には、樹齢400年を超えるといわれるイチョウの巨木があり、写真にある根は、急斜面の岩盤にはり付くように露出し力強さを感じさせます。このイチョウは、大阪府の天然記念物になっています。住民とお話すると、心の温かい素朴な方々ばかりでした。

#河内長野市

イチョウの木

棚田

棚田に日が差すと心がハッピーになります。田植え、稲の実り頃等は、絵を見るようで楽しみです。

 

撮影者 新川完治さん

関連ページ

地図情報

Clip to Evernote このエントリーをはてなブックマークに追加

「ツイート」や「いいね!」ボタンの説明は「ソーシャルプラグインについて」をご覧ください。

お問合わせ先

このページに掲載されている情報の発信元

総合政策部 広報広聴課
〒586-8501
大阪府河内長野市原町一丁目1番1号 (市役所5階)
電話:0721-53-1111
E-mail:kouhoukoutyou@city.kawachinagano.lg.jp 

ページの先頭へ