ナビゲーションを飛ばして本文へ

現在の位置

観心寺の恩賜講堂

観心寺の恩賜講堂

恩賜講堂は、昭和3年に行われた昭和天皇即位の大礼の際に、京都御苑内で建てられた大饗宴場の下賜材を再利用して、同5年に観心寺境内に移築された建築物です。その歴史的価値、文化財的価値から、平成29年に国の重要文化財に指定されました。

 

撮影者 新川 完治さん

…恩賜講堂の稀有な歴史を知り、私の文化財を観る視点が変わりました。河内長野の数々ある文化財を全国に発信し多くの人がご来訪されることを願っています。

Clip to Evernote このエントリーをはてなブックマークに追加

「ツイート」や「いいね!」ボタンの説明は「ソーシャルプラグインについて」をご覧ください。

お問合わせ先

このページに掲載されている情報の発信元

総合政策部 広報広聴課
〒586-8501
大阪府河内長野市原町一丁目1番1号 (市役所5階)
電話:0721-53-1111
E-mail:kouhoukoutyou@city.kawachinagano.lg.jp
フォームでのお問合せ(よりセキュリティの高い通信方法)はこちら

ページの先頭へ