ナビゲーションを飛ばして本文へ

現在の位置

失業したら14日以内に国保の届け出が必要です

1. 失業して離職するなど、職場の健康保険を脱退したら、14日以内に国保への加入の届け出が必要です

解雇や雇い止め、倒産などで失業したり、退職(定年退職を含む)するなど、離職により職場の健康保険を脱退したときは、離職日の翌日(=職場の健康保険の脱退日=職場の健康保険の資格喪失年月日)から14日以内に市役所保険年金課窓口にて、国民健康保険(国保)への加入の届け出をしなければなりません。(ただし2に該当する場合は不要)

(※なお、任意継続制度を脱退したり、家族の職場の健康保険を扶養から外れて脱退したり、勤務形態の変更により職場の健康保険を脱退した場合も、同様に、脱退日から14日以内に市役所保険年金課窓口にて、国保への加入の届け出をしなければなりません。)

2. ただし、離職日の翌日(脱退日)から国保以外の健康保険制度に加入する場合は、国保加入は不要です

職場の健康保険の任意継続制度に加入したり、家族の職場の健康保険に扶養家族として加入したり、再就職先の職場の健康保険に加入するなど、国保以外の健康保険制度に離職日の翌日(=職場の健康保険の脱退日)から加入する場合に限り、1の届け出(国保への加入)は不要です。

3. 国保への加入の届け出に必要なもの

国保への加入の届け出をする際に必要なものについては、詳しくは電話でお問い合わせ下さい。

一般的には「健康保険資格喪失証明書」・「朱肉の使える認印」・「免許証かパスポートなど(官公署発行の顔写真付き身分証明書)」・「家族の国民健康保険証(家族が国保の場合のみ)」などですが、不要な場合があったり、他に必要なものがある場合もあるので、事前にお問い合わせ下さい。

4. ただし3の必要なものが足りなくても、14日以内に届け出をして下さい

加入に必要なものが全部そろわない場合でも、必ず14日以内に用意できたものだけでも持参して国保の届け出をして下さい。

すでに14日以内の期限を過ぎている場合は、ただちに届け出をして下さい。

5. 国保への届け出が遅れると、思わぬ経済的な負担を被ることがあります

国保へは、職場の健康保険の「脱退日(=資格喪失年月日)」から加入します。失業など離職の場合は、「脱退日」は「離職日の翌日」です。市役所窓口に来て、届け出をした日から加入するのではありません。

国保へ加入する届け出が、脱退日から14日以内の期限に遅れた場合、「脱退日」から届け出日の前日までの間にかかった医療費は全額自己負担となり、あとからも原則返還されません。保険給付を受けることができないなど、思わぬ経済的な負担を被ることになりますので、十分ご注意ください。

また、国保の保険料は「脱退日」の属する月分から納めます。国保へ加入する届け出が「脱退日」の翌月以降になった場合でも、国保の保険料は「脱退日」の属する月までさかのぼって納めなければなりません。

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記のボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。
Clip to Evernote このエントリーをはてなブックマークに追加

「ツイート」や「いいね!」ボタンの説明は「ソーシャルプラグインについて」をご覧ください。

お問合わせ先

このページに掲載されている情報の発信元

保健福祉部 保険年金課
〒586-8501
大阪府河内長野市原町一丁目1番1号 (市役所1階)
電話:0721-53-1111
E-mail:hokennenkin@city.kawachinagano.lg.jp
フォームでのお問合せ(よりセキュリティの高い通信方法)はこちら

よくあるご質問

ページの先頭へ