ナビゲーションを飛ばして本文へ

現在の位置

高額医療・高額介護合算制度

医療費が高額になった世帯に介護保険の受給者がいる場合、国保と介護保険の限度額を適用後に、合算して下記の限度額を超えたときには、その超えた分が支給されます。

※限度額は、当該年度の市民税課税所得(前年中の収入に基づく)などで判定されます。ただし、4月から7月までは前年度の市民税課税所得(前々年中の収入に基づく)などで判定されます。

 

合算した場合の限度額(年額/8月~翌年7月)

※超えた金額が500円以下の場合は支給の対象になりません。

70歳未満の人

一般

  • 67万円  ただし、基礎控除後の総所得金額等が210万円以下の世帯は、 63万円

上位所得者

  • 135万円  ただし、基礎控除後の総所得金額等が901万円超の世帯は、 176万円

市民税非課税世帯

  • 34万円

 

「上位所得者」とは、国民健康保険料の算定の基礎となる基礎控除後の総所得金額等が600万円を超える世帯です。

 基礎控除後の総所得金額等

  = 所得(給与、年金、事業、不動産、株等の収入から必要経費等を差し引いたもの) - 基礎控除(33万円)

  ○年金形式で受け取る退職金は所得に含みます。

  ○必要経費等として給与所得控除・公的年金等控除は控除されますが、配偶者控除・扶養控除等は控除されません。

「市民税非課税世帯」とは、同一世帯の世帯主(擬制世帯主を含む)および国保被保険者が市民税非課税の世帯です。

 

70歳以上75歳未満の人

一般

  • 56万円

現役並み所得者

  • 67万円

低所得者2

  • 31万円

低所得者1

  • 19万円

 

※70歳以上75歳未満の人の所得区分について

所得区分は、当該年度の市民税課税所得(前年中の収入に基づく)などで判定されます。ただし、4月から7月までは前年度の市民税課税所得(前々年中の収入に基づく)などで判定されます。

 

「現役並み所得者」とは

  同一世帯に市民税課税所得が145万円以上の70歳以上75歳未満の国保被保険者(擬制世帯主は除く)がいる人。 「同一世帯の70歳以上75歳未満の国保被保険者」のうち1人でも、市民税課税所得が145万円以上である場合、その「同一世帯の70歳以上75歳未満の国保被保険者」全員が「現役並み所得者」となります。

 ただし、平成27年1月以降新たに70歳となった国保被保険者(昭和20年1月2日以降生まれの人)のいる世帯のうち、世帯に属する70歳以上の被保険者にかかる基礎控除後の総所得金額等(下記参照)の合計額が210万円以下の場合は「一般」の区分となります(既に70歳になっている人を含む)。

 基礎控除後の総所得金額等

  = 所得(給与、年金、事業、不動産、株等の収入から必要経費等を差し引いたもの) - 基礎控除(33万円)

   ○年金形式で受け取る退職金は所得に含みます。

   ○必要経費等として給与所得控除・公的年金等控除は控除されますが、配偶者控除・扶養控除等は控除されません。

 

また、上記に該当する場合でも、下記(1)から(3)のいずれかの場合は、申請により、「一般」の区分となります。

(1)「同一世帯の70歳以上75歳未満の国保被保険者数」が1人で、その収入額が383万円未満のとき

(2)「同一世帯の70歳以上75歳未満の国保被保険者数」が1人で、その収入額が383万円以上であるが、旧国保被保険者(*)を含めて合計520万円未満のとき

(3)「同一世帯の70歳以上75歳未満の国保被保険者数」が2人で、その収入額が合計520万円未満のとき

 

(*)旧国保被保険者とは、同一世帯の後期高齢者医療制度の被保険者のうち、制度移行前までは同一世帯の国保被保険者だった人で、なおかつ世帯主に変更のない人をいいます。

 

「低所得者2」とは

 同一世帯の世帯主(擬制世帯主を含む)および国保被保険者が市民税非課税の人(ただし、「低所得者1」以外の人)。

 

  

「低所得者1」とは

 同一世帯の世帯主(擬制世帯主を含む)および国保被保険者が市民税非課税で、その世帯の各所得が必要経費・控除(年金の所得は控除額を80万円とする)を差し引いたときに0円となる人。

 

Clip to Evernote このエントリーをはてなブックマークに追加

「ツイート」や「いいね!」ボタンの説明は「ソーシャルプラグインについて」をご覧ください。

お問合わせ先

このページに掲載されている情報の発信元

保健福祉部 保険年金課
〒586-8501
大阪府河内長野市原町一丁目1番1号 (市役所1階)
電話:0721-53-1111
E-mail:hokennenkin@city.kawachinagano.lg.jp
フォームでのお問合せ(よりセキュリティの高い通信方法)はこちら

よくあるご質問

ページの先頭へ