ナビゲーションを飛ばして本文へ

現在の位置

その他の助成

助産施設への入所

経済的理由で病院で入院助産を受けることができない妊産婦を手助けする制度です。対象は生活保護世帯、市民税非課税世帯の妊産婦です。一部負担金が必要な場合があります。

申請に必要なもの

印鑑、世帯全員の住民票の写し、非課税証明書(世帯全員必要)、母子健康手帳、 健康保険証

子育て短期支援事業

家庭における児童の養育が一時的に困難になった場合や母子が夫の暴力等により緊急一時的に保護を必要とする場合に、児童福祉施設において一定期間養育・保護します。所得の状況により一部負担金が必要です。

対象:概ね3歳から小学生までの児童又は母子

母子・寡婦福祉資金の貸し付け

20歳未満の児童がいる母子家庭の母や寡婦などに貸し付けを行っています。就学支度資金、修学資金、修業資金などいろいろな種類があります。
Clip to Evernote このエントリーをはてなブックマークに追加

「ツイート」や「いいね!」ボタンの説明は「ソーシャルプラグインについて」をご覧ください。

お問合わせ先

このページに掲載されている情報の発信元

子ども未来部 子ども子育て課
〒586-8501
大阪府河内長野市原町一丁目1番1号 (市役所7階)
電話:0721-53-1111
E-mail:jidou@city.kawachinagano.lg.jp
フォームでのお問合せ(よりセキュリティの高い通信方法)はこちら

ページの先頭へ