ナビゲーションを飛ばして本文へ

現在の位置

高額な診療を受けるみなさんへ(高額療養費に関するお知らせ)

  高額な外来診療を受ける場合、これまでは、1か月の窓口負担が自己負担限度額以上になった時でも、いったんその額を支払い、あとで医療保険者から高額療養費として還付していました。しかし、平成24年4月からは、限度額適用認定証や被保険者証などがあれば、1か月の医療機関などの窓口での支払いを一定金額までにすることができます。また、保険薬局や指定訪問看護事業者でも、同様の取り扱いを受けることができます。

病院・薬局などで提示するものは

・70歳以上の国民健康保険被保険者と後期高齢者医療被保険者には、病院や薬局などで提示する認定証などはすでに交付しています。保険年金課での事前の申請の手続は必要ありません(下表PDF「病院・薬局などでそろえて提示するもの」を参照してください)。

※認定証などとは、課税世帯に交付されている高齢受給者証、国民健康保険被保険者証、後期高齢者医療被保険者証を含み、これらの書類が認定証となりますので、新たに認定証が送付されるわけではありません。

・70歳未満の国民健康保険被保険者で、高額な診療を受ける場合は、保険年金課(市役所1階4番窓口)で「限度額適用(・標準負担額減額)認定証」の申請手続が必要です(下表PDF「病院・薬局などでそろえて提示するもの」を参照してください)。申請方法など詳しくは電話0721-53-1118(直通)へお問い合わせください。

※入院のために「限度額適用(・標準負担額減額)認定証」の交付をすでに受けている人は、平成24年4月以降は外来診療でも使用できますので、保険年金課での申請手続は必要ありません。

※認定証などを提示しない場合は、従来どおりの高額療養費の申請手続になり、支払った窓口負担と自己負担限度額の差額は、後日医療保険者から還付されます。

 

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記のボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。
Clip to Evernote このエントリーをはてなブックマークに追加

「ツイート」や「いいね!」ボタンの説明は「ソーシャルプラグインについて」をご覧ください。

お問合わせ先

このページに掲載されている情報の発信元

保健福祉部 保険年金課
〒586-8501
大阪府河内長野市原町一丁目1番1号 (市役所1階)
電話:0721-53-1111
E-mail:hokennenkin@city.kawachinagano.lg.jp
フォームでのお問合せ(よりセキュリティの高い通信方法)はこちら

よくあるご質問

ページの先頭へ