ナビゲーションを飛ばして本文へ

現在の位置

障がい者医療費助成制度

障がい者の医療保険適用の医療費の自己負担分の一部を助成する制度です。

お医者さんにかかるときは、身体及び知的障がい者医療証と健康保険証(加入される健康保険で事前に限度額認定の手続きをしてください)を持って。国の公費負担制度の受給者証などをお持ちの方は、あわせて医療機関の窓口に提示してください。対象者は以下のとおりです。所得制限など詳しくはお問い合わせください。

対象者の要件(所得制限があります)

 65歳未満で

  1. 身体障がい者手帳1級または2級をお持ちの人
  2. 療育手帳A をお持ちの人
  3. 療育手帳B1かつ身体障がい者手帳をお持ちの人

 ただし、生活保護法、中国残留邦人等の円滑な帰国の促進及び永住帰国後の自立の支援に関する法律、老人医療費助成制度、児童福祉法等にもとづく医療費の支給をうけている人は対象になりません。

 所得制限額の例

障がい者の人で扶養人数のない場合=所得額462万1千円
扶養人数が増すに従い限度額が上がります。

助成内容

 保険診療の医療費の自己負担分から一部自己負担金を控除した額

一部自己負担金について

 1医療機関あたり 通院・入院それぞれ1日500円まで

(1医療機関1ヶ月あたり2日目まで一部自己負担。最高1,000円まで)

 

・同じ医療機関の3日目から自己負担分はかかりません。

・院外処方分の調剤は、一部自己負担金はかかりません。

・1日目・2日目の自己負担分が500円に満たないときは、その金額までの負担になります。

 

Clip to Evernote このエントリーをはてなブックマークに追加

「ツイート」や「いいね!」ボタンの説明は「ソーシャルプラグインについて」をご覧ください。

お問合わせ先

このページに掲載されている情報の発信元

保健福祉部 保険年金課
〒586-8501
大阪府河内長野市原町一丁目1番1号 (市役所1階)
電話:0721-53-1111
E-mail:hokennenkin@city.kawachinagano.lg.jp
フォームでのお問合せ(よりセキュリティの高い通信方法)はこちら

よくあるご質問

ページの先頭へ