ナビゲーションを飛ばして本文へ

現在の位置

災害に対する家庭での備え

地震についての備え

非常持出袋 地震はいつ起こるかわかりません。右記の非常持ち出し袋を常に準備するほか、3日分家族が自活できる水・食糧の確保、 避難場所の確認をするよう心がけましょう。

風水害についての備え

災害時のチェック

難するときに持ち出す物は、 必要最小限にしましょう。重さの目安は、女性なら10キログラム、男性で15キログラムです。

非常食品

飲料水(ミネラルウォーター)、乾パン・カン詰など火を通さずに食べられるもののほか、缶切り・栓抜き・ナイフ、水筒・紙皿・紙コップなど。

貴重品

現金(公衆電話用の10円玉も)、預貯金通帳、証書類、印鑑、健康保険証、免許証、身分証明書など。

衣類

上着、下着類、タオルなど。

救急医薬品

きず薬、解熱剤、胃腸薬、鎮痛剤、目薬、脱脂綿、ガーゼ 、包帯、ばんそうこう、三角布、体温計、とげ抜き、その他常備薬など。

照明器具

懐中電灯(できれば一人に一つ)と予備電池、ろうそく(太くて安定性のよいもの)など。

携帯ラジオ

小型軽量でAMもFMも受信できるものがよい。予備電池も忘れずに。

その他

ヘルメットや防災ずきん、ライター(マッチ)、ビニールシート、手袋、ティッシュペーパー、連絡先リスト。乳児のいる家庭は粉ミルクや紙おむつなども。金づち、のこぎり、ペンチ、くぎ、針金、板、棒、ロープなど

Clip to Evernote このエントリーをはてなブックマークに追加

「ツイート」や「いいね!」ボタンの説明は「ソーシャルプラグインについて」をご覧ください。

お問合わせ先

このページに掲載されている情報の発信元

危機管理課
〒586-8501
大阪府河内長野市原町一丁目1番1号 (市役所8階)
電話:0721-53-1111
E-mail:bousaitaisaku@city.kawachinagano.lg.jp
フォームでのお問合せ(よりセキュリティの高い通信方法)はこちら 

ページの先頭へ