ナビゲーションを飛ばして本文へ

現在の位置

自主防犯ボランティアの支援

「向こう三軒両隣」の近所付き合いがあった昔と違い、現在の私たちの生活は、地域でのふれあいの機会が少なくなり、隣近所の連帯意識が希薄になっているといわれています。犯罪者は、そういう人間関係の希薄な地域、無関心な地域をねらってきます。そこで、住民一人ひとりが自分の住む「まち」の防犯についての関心をもち、みんなで自分たちの「まち」の安全・安心を考えることが重要になってきます。市では、そういった地域での自主的な防犯活動行うボランティアを応援しています。そこで、河内長野市では、活動の参考にしていただくため、「防犯活動ハンドブック」を作成したり、地域での自主的な防犯ボランティアの活動の支援のために「自主防犯活動推進事業助成制度」を設けています。

地域の防犯ボランティアがパトロールする様子

自主防犯活動推進事業助成金制度について

地域のみなさんによる自主防犯活動を推進することを目的に、自治会等が行う防犯に関する活動に要する経費の一部を助成する制度で、自主防犯活動に要する経費、自主防犯活動に要する資機材購入費、青色防犯パトロール車の運行に要する燃料費、地域安全センターの防犯に要する光熱水費を対象としています。

「自主防犯活動推進事業助成金制度」を利用いただくためには、下記の「自主防犯活動推進事業事前協議書」を提出いただき、危機管理課と事前に協議していただく必要があります。

防犯声かけ運動について

市では、安全・安心なまちづくりを推進するため、市民による「防犯声かけ運動」を実施しています。個人でも気軽にできる防犯活動です。参加いただける方は、市役所8階の危機管理課へ。

安全・安心パトロールについて

「安全・安心パトロール車」と記載したステッカーを自動車や自転車等の車両に掲げて走行いただくことによって、地域の犯罪抑止力の向上を促進するものです。参加いただける方は、市役所8階の危機管理課へ。

まちづくり出前講座について

防犯活動・防犯啓発のため、自治会・町会の集会所などに市の防犯担当職員が出向きます。ご希望の自治会・町会がありましたら、「まちづくり出前講座」に防犯に関するメニューがありますので、是非お申込下さい。

市民公益活動補償制度について

自治会や自主防犯組織などが行う公益的な活動での事故に備え、補償するものです。補償内容などの詳細は、市役所2階自治協働課にお尋ね下さい。

こども110番の家について

市では、こどもの安全を守るため、「こども110番の家」運動を推進しています。

防犯活動ハンドブック

市では、地域での防犯活動の参考としていただくために、「防犯活動ハンドブック」を作成しました。地域でご活用下さい。
「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記のボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。
Clip to Evernote このエントリーをはてなブックマークに追加

「ツイート」や「いいね!」ボタンの説明は「ソーシャルプラグインについて」をご覧ください。

お問合わせ先

このページに掲載されている情報の発信元

危機管理課
〒586-8501
大阪府河内長野市原町一丁目1番1号 (市役所8階)
電話:0721-53-1111
E-mail:bousaitaisaku@city.kawachinagano.lg.jp
フォームでのお問合せ(よりセキュリティの高い通信方法)はこちら

ページの先頭へ