ナビゲーションを飛ばして本文へ

現在の位置

河内長野駅周辺地区のまちづくりについて

 平成29年2月に策定しました「河内長野駅周辺地区まちづくり方針」において、駅前地区は土地の共同利用、老朽化した建物の更新による建物の高度利用、ゆとりある空間のあるまちを目指しています。

 そこで、土地の有効活用を促進するため、建築物の共同化に向けて検討される際の支援を行っています。

 この支援策が有効に活用されることにより、本市の中心市街地としてふさわしい魅力的な交流・滞留空間の創出、土地の有効利用、更にはまちなか居住や歩いて暮らせるまちづくりが推進され、良好なまちなみ形成につながっていきます。

建築物の共同化の検討に専門コーディネーターを派遣します

 建築物の共同化に向けて複数の権利者が検討を行う場合に、事業モデルや事業手法等の検討について支援するため、建築物共同化に関する専門知識をもつコーディネーターを無償で派遣します。

 

申請できる条件

次の全てに該当していること。

  1. 次の区域及びその区域を含む複数の土地で、建築物共同化を検討する土地に関する複数の権利者で構成されていること。
    (A)大阪府が指定している災害に強いすまいとまちづくり促進区域。
    (B)都市計画道路河内長野駅前線(本町交差点からラブリーホール前交差点までの区間に限る。)沿道の区域。
  2. 検討しようとする土地の面積が、概ね500平方メートル以上であること。
  3. 事業の目的が、次のものであること。
    (A)地上3階以上の耐火建築物又は準耐火建築物を建築する。
    (B)次の通り及び道路沿いについては、低層階を店舗や事務所等の商業業務等施設を建築する。
     ・本町通り
     ・西商栄通り
     ・都市計画道路河内長野駅前線(河内長野駅前交差点から本町交差点までの区間に限る。)
  4. 申請者が、河内長野市暴力団排除条例第2条第1号、第2号及び第3号の規定に該当しないこと。

派遣による支援の主な内容

 本市から派遣するコーディネーターは、主たる業務として次の内容を支援します。

  1. 建築物共同化にかかる検討の支援
  2. 基本的事項の説明
  3. 現地踏査
  4. 権利者の意向調査
  5. 基本構想(最適な事業計画モデルの立案)の作成
  6. 今後のスケジュール案の作成

申し込み方法

 様式集にある「コーディネーター派遣申請書」(様式第1号)に必要事項をご記入のうえ、都市創生課までお申込みください。

 ただし、依頼の内容等によっては派遣できない場合がありますので、お申込みいただく前に事前にご相談、お問い合わせいただき、ご確認ください。

歩いて暮らせるまちづくりを推進するために駐車場の設置基準を緩和します

 河内長野駅周辺地区においては、土地の有効利用を促進し、まちなか居住や歩いて暮らせるまちづくりを進めるため、駐車場の設置基準(河内長野市開発事業の手続等に関する条例施行基準)を緩和します。

 共同住宅を建設する場合について、河内長野駅改札口から概ね400m以内の区域と、当該区域内のうち商業地域・近隣商業地域内でカーシェアリング等の公共交通の利用の促進や自動車の利用抑制につながると思われる取組みを行う場合は、一定の緩和を行います。

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記のボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。
Clip to Evernote このエントリーをはてなブックマークに追加

「ツイート」や「いいね!」ボタンの説明は「ソーシャルプラグインについて」をご覧ください。

お問合わせ先

このページに掲載されている情報の発信元

都市づくり部 都市創生課
〒586-8501
大阪府河内長野市原町一丁目1番1号 (市役所5階)
電話:0721-53-1111
E-mail:toshisousei@city.kawachinagano.lg.jp
フォームでのお問合せ(よりセキュリティの高い通信方法)はこちら

よくあるご質問

ページの先頭へ