ナビゲーションを飛ばして本文へ

現在の位置

高齢者運転免許自主返納サポート制度について

最近、全国的に交通事故は減少傾向にありますが、高齢者の関連する交通事故は増加傾向にあります。大阪府下で高齢者の関連する交通事故の割合が30%であるのに対して、河内長野市内は42%と府下平均より高い状況です。大阪府交通対策協議会では、運転免許証を自主返納しやすい環境づくりのため、「高齢者運転免許自主返納サポート制度」を設けています。

 

高齢者運転免許自主返納サポート制度について

運転免許証を返納し、運転経歴証明書の交付を受けた方は、以下の特典が受けられます。

対象:大阪府在住で運転免許証の自主返納を希望する65歳以上の方

手続き:運転免許証を返納し、返納後5年以内に運転経歴証明書を申請する

制度の利用方法:運転経歴証明書をサポート企業・店舗で提示する

特典を受けることができるサポート企業・店舗については、大阪府ホームページでご確認下さい。

運転免許の自主返納(申請による取消し)について

運転免許証を有効期限内に警察署、または運転免許試験場で自主返納(申請による取消し)することができます。また、公的な身分証明書類として使える「運転経歴証明書」の交付を受けることが出来ます。

詳しくは、大阪府警察ホームページでご確認下さい。                                

運転経歴証明書について

1.公的な身分証明書として生涯使えます。

2.申請可能期間は、免許返納後5年以内です。

3.交付手数料として、1,100円が必要です。

4.住所、氏名が変わった時は届出が義務付けられており、変更事項は備考欄に記載されます。

5.紛失、破損した時は、再交付の申請ができます。

なお、平成24年4月1日以前に交付された運転経歴証明書をお持ちの方は、警察署または運転免許試験場で申請することにより、新様式へ切り替えることができます(手数料1,100円)。

 

申請場所及び受付時間等                                     

申請場所

受付時間等 その他

各警察署 (大阪水上警察署は除く)

休日を除く月曜日から金曜日の午前9時から午後5時まで

運転経歴証明書の交付は後日

門真・光明池運転免許試験場

休日を除く月曜日から金曜日までの午前8時45分から午後4時まで(但し、正午から午後0時45分の間は除く) 運転経歴証明書の交付は午後4時以降の受付は行っておりません。全部取消しの申請と同時に運転経歴証明書を申請する場合は、午後2時30分までに受付を済まして下さい。

 

申請に必要なもの

・写真1枚(縦3センチメートル×横2.4センチメートル)

 6ヶ月以内に撮影した無帽・正面・上三分身・無背景のもの

 ※門真又は光明池運転免許試験場で手続きする場合は不要

・黒または青のボールペン

・住民票の写しまたは健康保険証等の住所、氏名、生年月日が確認できるもの

 ※免許証の取消しと同時に申請される場合は不要

・運転経歴証明書交付手数料1,100円

 

注意点

・運転経歴証明書は、行政処分によって免許を取消された方、失効された方には交付されません。

・運転免許の一部返納の場合は、運転経歴証明書の申請はできません。

 

申請手続きについての詳細は河内長野警察署 交通課(0721-54-1234)までお問い合わせ下さい(休日を除く月曜日から金曜日までの午前9時から午後5時45分まで)。

Clip to Evernote このエントリーをはてなブックマークに追加

「ツイート」や「いいね!」ボタンの説明は「ソーシャルプラグインについて」をご覧ください。

お問合わせ先

このページに掲載されている情報の発信元

都市づくり部 都市創生課
〒586-8501
大阪府河内長野市原町一丁目1番1号 (市役所5階)
電話:0721-53-1111
E-mail:toshisousei@city.kawachinagano.lg.jp
フォームでのお問合せ(よりセキュリティの高い通信方法)はこちら

よくあるご質問

ページの先頭へ