ナビゲーションを飛ばして本文へ

現在の位置

平成29年3月12日から改正道路交通法が施行されました

主な改正内容は以下のとおりです。

高齢運転者対策の推進

臨時認知機能検査・臨時高齢者講習制度の導入

75歳以上の運転者が、認知機能が低下したときに起こしやすい一定の違反行為をしたときは、新設された臨時認知機能検査を受検しなければなりません。受検し、認知機能の低下が運転に影響を及ぼすおそれがあると判断された高齢者は、新設された臨時高齢者講習を受講しなければいけません。

※臨時認知機能検査を受検しない場合等は、一定の基準に従い運転免許の取消し等となります。

 

臨時適正検査制度の見直し

更新時の認知機能検査等で認知症のおそれがあると判定された高齢者は、違反の有無を問わず臨時適正検査(医師の診断)を受け、又は、命令に従い一定の要件を満たす医師の診断書を提出しなければなりません。

 

高齢者講習の合理化・高度化

75歳未満の方や、認知機能検査で認知機能の低下のおそれがないと判定された方に対しては2時間に合理化(短縮)され、その他の方は、個別指導を含む3時間の講習となります。

 

準中型免許の新設

準中型免許では、車両総重量7.5トン未満(最大積載量4.5トン未満)の自動車を運転できます。普通免許で運転できる自動車は、車両総重量3.5トン未満(最大積載量2トン未満)となります。18歳から普通免許なしでも取得でき、教習では最短17日で取得可能です。なお、すでに普通免許を保有している方は、引き続き車両総重量5トン未満(最大積載量3トン未満)の自動車を運転することができます。

※準中型免許の取得にあたっては、準中型自動車の運転に係る取得時講習等が義務付けられております。

 

 

 

 

 

Clip to Evernote このエントリーをはてなブックマークに追加

「ツイート」や「いいね!」ボタンの説明は「ソーシャルプラグインについて」をご覧ください。

お問合わせ先

このページに掲載されている情報の発信元

都市づくり部 都市創生課
〒586-8501
大阪府河内長野市原町一丁目1番1号 (市役所5階)
電話:0721-53-1111
E-mail:toshisousei@city.kawachinagano.lg.jp
フォームでのお問合せ(よりセキュリティの高い通信方法)はこちら

よくあるご質問

ページの先頭へ