ナビゲーションを飛ばして本文へ

現在の位置

オープンデータ

オープンデータとは

オープンデータとは、市が保有する情報を、利用しやすい形式で、二次利用可能なルールで公開されたデータのことを言います。河内長野市では、市民や事業者のみなさんに役立てていただけるよう、様々な形で、情報のオープンデータ化を進めています。

オープンデータ利用規約

河内長野市のオープンデータをご利用の際は、本利用規約に従っていただくようお願いします。

河内長野市オープンデータ利用規約 (PDF:184KB)

提供データ

統計

環境

財政

防災

広報(イラスト・写真はオープンデータ範囲外です)

福祉

協働

オープンデータの利用について

河内長野市では、クリエイティブ・コモンズ・ライセンス(CCライセンス)の中でも最も利用制約の少ない利用ルールで、出典を表示すれば改変や営利目的での二次利用も許可されるCC-BYライセンスを採用しています。
 CC-BYライセンスロゴの表示→by

(利用条件)
(1)オープンデータとして提供するデータは、クリエイティブ・コモンズ表示 4.0 国際ライセンスの下に提供されています。
(2)オープンデータとして掲載しているデータは、自由に利用・改変できます。
(3)オープンデータとして掲載しているデータを元に、2次著作物を自由に作成可能です。
(4)オープンデータとして掲載しているデータを元に作成したものに、本市のデータを利用している旨の表示をお願いします。
 例1. ライセンスされている著作物を改変せずにそのまま複製して利用する場合
  【データ名】、河内長野市
  by

 例2. ライセンスされている著作物を改変して利用する場合
  この【作品、アプリ、データベース等】は、以下の著作物を改変して利用しています。
  【データ名】、河内長野市
   by

なお、ライセンス表示は、ライセンスロゴの表示だけでなく、「クリエイティブ・コモンズ・ライセンス表示4.0国際」とURL(http://creativecommons.org/licenses/by/4.0/deed.ja) を文字で記載するほか、「クリエイティブ・コモンズ・ライセンス 表示 4.0」の文字部分などにハイパーリンクを貼る方法で提供することも可能です。
(5)オープンデータとして掲載しているページ以外に掲載されているデータの利用については、本市ホームページにおける著作権の取り扱いに準じてください。

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記のボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。
Clip to Evernote このエントリーをはてなブックマークに追加

「ツイート」や「いいね!」ボタンの説明は「ソーシャルプラグインについて」をご覧ください。

お問合わせ先

このページに掲載されている情報の発信元

総務部 総務課
〒586-8501
大阪府河内長野市原町一丁目1番1号 (市役所4階)
電話:0721-53-1111
E-mail:soumu@city.kawachinagano.lg.jp
フォームでのお問合せ(よりセキュリティの高い通信方法)はこちら 

ページの先頭へ