ナビゲーションを飛ばして本文へ

現在の位置

楠木正成・正行に関する文化財など写真や動画募集

河内長野市は、楠公さんゆかりのまちです。そこで、楠木正成・正行に関する文化財などを紹介するフェイスブックページ及びインスタグラムに掲載する写真や動画を募集しています。

楠木正成

テーマ

 楠木正成・正行に関する文化財等を被写体として撮影し、SNSでの発信に適した単写真や1分以内の動画

条件

  • 平成29年2月1日以降に撮影された自作未発表のもの
  • プライバシーや肖像権等の権利を侵害する恐れのあるものを除く
  • 被撮影者からの撮影及び公開の許可を得たもの
  • 肖像権等のトラブルは、応募者が責任を負うこと
  • 著作権は応募者に帰属するが、市が無償で利用、加工、公開できるもの

応募先

  • 広報広聴課pr@city.kawachinagano.lg.jpへメールのみ
  • 写真データ、住所、氏名、電話番号、ペンネーム、コメントを添えて

審査

 随時、市が審査し、適切と判断した写真を、ペンネームやコメントと併せて掲載させていただきます。

文化財などの位置図

QRコード

QRコードを読み取り、写真データを添付し、必要事項を本文として送信してください。送信できない場合や、送信後3日以内に返信がない場合は、メールが届いていない可能性がありますので、お手数ですが下記までご連絡ください。

河内長野市 総合政策部 広報広聴課 電話:0721-53-1111(内線:580)

河内長野市内にある楠木正成に関する文化財など(あくまで一例です)

観心寺

中世に教育機関としての役割も果たし、幼き日の正成を育んだ地域の文化や社会環境を整えた寺院。南北朝時代、南朝方の拠点。

中院

正成の曾祖父成氏が再建したと伝えられる観心寺の子院(観心寺の僧侶の私生活の場でもある附属寺院)の一つ。8~15歳までの間、正成が住職の滝覚坊に学問を習ったとされる。楠木正成の菩提寺。

建掛塔

楠正正成の発願によって三重塔として建て始められたが、湊川の戦いで戦死したことにより、建設途中で未完のままとなったと伝えられる塔。初重(1階)と軒下の組物を付けたままで終わっていたのを、後代に屋根の小屋組みと茅葺の屋根が架けられたとされる。

楠木正成 首塚

観心寺の境内にある。湊川の戦いの後、尊氏の命によって送り届けられた正成の首級が葬られているとされる首塚。

金剛寺

楠木正成の自筆書状などが伝わっており、彼の人柄などを知る事のできる貴重な資料が多く収蔵されている寺院。観心寺と同じく中世の教育機関となり、南朝方の拠点となった。

天野殿

現在、「食堂」として重要文化財に指定されている。南朝の正庁として使われた建物で、江戸時代に書かれた「河内名所図会」には、ここで楠木一族が加わり軍議がなされて様子が描かれている。

出会ノ辻

元弘三年正月、正成の方と鎌倉幕府方と戦った天見合戦の古戦場跡。敵、味方が出合った場所にちなみ「出会」という地名が残る。

旗尾城跡

天見駅東方にある旗尾山頂上にある。天見合戦の際に、楠木正成が見張りを置いたとする伝承があり、その活躍を後世に伝える場所。

大沢塞跡

大阪、奈良、和歌山の県境付近にある。楠木正成が千早城を守るための防衛陣地の一つとして設けたといわれ、正成の活躍を後世に伝える場所となった。現在、城郭遺構は確認されていない。

大江時親邸

楠木正成の兵法の師とされる大江時親の邸宅とされる場所。現在、邸宅の敷地と18世紀の築造とみられるカヤ葺民家があり、時親より34代目の当主が居住している。

大江修理亮遺跡碑

明治35年に、帝国博物館(現在の国立博物館)の初代総長を務めた九鬼隆一によって、大江時親を顕彰するために作られた碑文。

楠公通学橋

楠木正成が、大江時親邸に通うために渡ったと伝えられる橋。近代に創作された逸話と考えられるが、この時期に大きく正成についての顕彰が活発化したことを示している。

烏帽子形城跡

楠木正成が築造した七城の一つと呼ばれている。実際には、室町時代後期から城郭としいて使用されていた。

石仏城

楠木正成が築城した支城の一つという伝承がのこっている。天見合戦の際に、兵を伏せたとする伝承がある。現在城郭遺構がのこっているが、戦国時代のものと見られる。

矢伏観音

幼少の頃の正成が兵法家大江時親に兵法を学んでいた際に、敵対する八尾顕幸が刺客を放ち命をねらわせたが、観音の加護により命を救われたとされる。幼少期の正成の逸話を後世に伝える舞台。

 

関連ページ

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記のボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。
Clip to Evernote このエントリーをはてなブックマークに追加

「ツイート」や「いいね!」ボタンの説明は「ソーシャルプラグインについて」をご覧ください。

お問合わせ先

このページに掲載されている情報の発信元

総合政策部 広報広聴課
〒586-8501
大阪府河内長野市原町一丁目1番1号 (市役所5階)
電話:0721-53-1111
E-mail:kouhoukoutyou@city.kawachinagano.lg.jp
フォームでのお問合せ(よりセキュリティの高い通信方法)はこちら 

ページの先頭へ